近藤春菜(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 10日放送の番組「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)の中で25日放送の「24時間テレビ42」のチャリティーマラソンの3人目のランナーがハリセンボン・近藤春菜(36)であることが明らかにされた。

有村架純も結成? 芸能界で幅利かす“最強女子会”はどれだ

 これを受けて12日放送の「スッキリ」では、MCの加藤浩次が「そういえば、最近の春菜は痩せたよな、夏バテかなと思ってた」と持ち上げると、春菜はまんざらでもない様子で笑顔を見せた。

 ところが、3人目のチャリティーランナーが春菜ではないかと水面下でウワサが流れ始めた7月中旬、吉本の女芸人たちの間では「また春菜?」とやっかみともとれる声が漏れていた。

 テレビ画面からはうかがい知れないが、春菜はしばらく前から女芸人のサークルで浮いた状態にあったという。昨年は女性誌「女性自身」(18年4月24日号)が、「近藤春菜が女芸人から総スカン状態 森三中に大久保佳代子も」と報じた。

 ある芸人によると、春菜が総スカン状態になったきっかけは、先輩の「森三中」との関係だという。ハリセンボンは吉本のタレント養成学校NSCの9期生。一方の「森三中」は4期生。上下関係が厳しく、結束が固いことで知られる吉本の女芸人のヒエラルキーからいえば、森三中はハリセンボンの“目上”にあたる。

■先輩芸人たちが激怒した理由とは?

 実際、かつての森三中とハリセンボンは情報交換会と称して頻繁に飲み会を催すほど関係が良好だった。しかし、春菜は「スッキリ」のサブMCにキャスティングされた16年春ごろから飲み会に参加しなくなったという。理由は単純で、春菜のスケジュールがタイトになったためだ。森三中も当初は理解を示していたようだが、ある時期から風向きが変わった。

 春菜がPerfumeのメンバーや吉高由里子、森矢カンナ、水川あさみ、安室奈美恵らと“春菜会”と称される飲み会を定期的に開催していることを芸能マスコミが盛んに報じ始めたためだ。

 先輩芸人たちは「吉高とは酒が飲めるけど、私たちとは酒が飲めないというわけかい!」「春菜は相手を選んで酒を飲んでいるんだなぁ〜、私たちとは酒がまずくて飲めない! というんだなぁ〜」と烈火のごとく激怒したと伝えられる。

「『調子に乗ってるんじゃないよ!』と、先輩芸人たちの怒りが頂点に達したのは、春菜が不倫騒動に苦しむベッキーを『スッキリ』で擁護した時だったといいます。ベッキーは“春菜会”のメンバーでしたから、公私混同と映ったのでしょう。17年にテレビ東京系のスポーツ番組『SPORTSウォッチャー』でサッカー選手の内田篤人がリハビリ生活を陰で支えてくれた親友として春菜の名前を挙げたことも女芸人たちの嫉妬に拍車を掛けました」(お笑い関係者)

 春菜は先月、吉本興業の闇営業問題が世間を騒がせた時には、「私は口頭でも(契約について)聞いた覚えはない」「これで納得している芸人っていないんじゃないかなって思います」と吉本批判を展開。涙を浮かべて「私は加藤(浩次)さんについていきます!」と発言したが、先輩芸人たちから「早く辞めちまえ!」といった声が上がったといわれる。

 芸能界は嫉妬の世界でもある。チャリティーマラソンのスタート前に、ストレスと猛暑で春菜がダウンするような事態は避けてほしいものだ。

(芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄)