NHK

写真拡大

 NHKは24日、東京・渋谷の同局で定例の総局長会見を開いた。

 21日投開票の参院選では、NHKから国民を守る党(N国)の立花孝志代表(51)が比例区で当選し、法律上の政党要件も満たした。N国は受信料を支払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」の実現を掲げている。

 木田幸紀総局長は「選挙によって示された民意のひとつと受け止めております。引き続き公共放送の役割や、それを支える受信料制度の意義について、視聴者、国民の皆様に十分ご理解いただけるようしっかり説明を続けたいと考えています」と述べた。

 スクランブル化に関しては「NHKは視聴者の皆様に公平に負担していただく受信料を財政基盤にしているからこそ、特定の利益や視聴率に左右されず、いのちや暮らしを守る情報など、多様な番組が提供できる。これが社会的使命」と説明。スクランブル化は「NHKが果たすべき公共的役割や機能を、根本的から毀損する恐れがある」とした。

 また「あやまった理解を広げるような行為については、きちんと対応していく」と述べた。