花澤香菜、“結婚するはずだった年齢”に回答

写真拡大

声優花澤香菜(30歳)が、6月29日に放送されたトーク番組「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)に出演。自身の恋愛観や結婚観について語った。

この日、TOKIOの松岡昌宏から「お年頃ですんで、どうですか、好きな男性のタイプとか」と聞かれた花澤。博多大吉は「声優さんの恋愛事情はちょっとね……」と、この質問に答える難しさを察したが、松岡は「御法度ってのは百も承知の上で」と押し切った。

花澤は「なにか二人の関係で問題があったときに、ちゃんと向き合って、お互いに正直に思ってることをぶつけあって、どうして行きたいかを建設的に考えられる人」をタイプに上げると、大吉は「えっ!」と驚き、「付き合う方はそうやって何かあったときに、向き合ってっていうのが最初の条件なの? 今までどんな恋愛すればそんなことになるの」とコメント。

花澤は「お付き合いすると、すごい尽くしてしまう」と続けたが、大吉は「そんなことがあったんね……そういう……いろいろなことがね、なんかあったときに建設的な意見を交わすっていう、『そんなあなたと業務提携します』っていう話なんですよ。なにそれ恋愛じゃないよ、考え方が会社」と指摘した。

また、結婚について、松岡が「お嫁さんの夢はどんな感じですか?」、大吉が「本当はいくつくらいで結婚するはずでした?」と質問。

花澤は「31、32がいいかなと思ってました」と語り、得意料理は「トマトと卵の炒め物」だと語った。