から揚げ好き必見!から揚げを低カロリーにするポイント5つ

写真拡大 (全2枚)

 から揚げは大好きだけど、カロリーの高さに罪悪感を感じながら食べている人も多いはず。

でも、唐揚げは、材料の選び方や調理法を見直すだけで大幅にカロリーダウンができるんです。

そこで、低カロリーな「から揚げ」にするポイント5つをご紹介します。

から揚げをヘルシーにするポイント5つ


ポイント1. 皮を取り除く
鶏肉100gのカロリーを比較すると、もも肉(皮あり)が200Kcal、むね肉(皮あり)が191Kcalでほとんど差がありません。しかし、皮を取り除くと、半分近くカロリーを落とすことができます。

【鶏肉100gあたりのカロリー】
鶏もも肉(皮あり)・・・200kcal
鶏もも肉(皮なし)・・・116kcal(−84kcal)
鶏むね肉(皮あり)・・・191kcal
鶏むね肉(皮なし)・・・108kcal(−83kcal)

ポイント2. 鶏肉は大きめにカットする
鶏肉を大きめにカットすると、表面積が減って油の吸収量が少なくなり、カロリーダウンにつながります。

ポイント3. 電子レンジを使って揚げ時間を短縮
下味をつけた鶏肉を、先に電子レンジで加熱しておきましょう。揚げ時間が短縮され、油の吸収率を低くすることができます。また、このひと手間で、鶏肉に火が通りやすくなるのもメリットのひとつです。

・今すぐ読みたい→
バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法 https://cocokara-next.com/food_and_diet/banana-diet/

ポイント4. 衣には片栗粉を使う
片栗粉は、小麦粉に比べて油の吸収率が低く、ヘルシーに仕上げられます。衣を薄くつけるようにすると、吸油量をさらに抑えられるのでおすすめです。

ポイント5. 揚げない調理をする
衣をまぶした鶏肉をオーブントースターで焼く「揚げないから揚げ」にすると、油を使わないうえに余分な脂質まで落とせるので一石二鳥です。
オーブントースターがない場合は、多めの油を入れたフライパンで「揚げ焼き」にしてみてください。このとき、じっくり揚げると油を多く吸ってしまいます。油の吸収量を減らすには、先に鶏肉を電子レンジで加熱してから、高温でサッと揚げるようにするのがポイントです。

この「揚げないから揚げ」100g(もも肉)のカロリーは約200Kcal。通常のから揚げ(もも肉)は100gで320kcal程なので、100kcal以上のカロリーオフになります。上手にカロリーダウンして、唐揚げをヘルシーにいただきましょう。

「あすけんダイエット - 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」

[監修:あすけん 管理栄養士]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
バナナを朝に食べる、シンプルなダイエット法 https://cocokara-next.com/food_and_diet/banana-diet/