超エリート経歴市長に批判の声(時事通信フォト)

写真拡大

「わがまち真備の復興を!」──9月に入って新学期が始まっても、西日本豪雨で甚大な被害を受けた、岡山県倉敷市真備町の付近の学校の体育館などでは、多くの被災者が避難所生活を続けている。市の真備支所の壁面には、8月16日から冒頭のように綴られた懸垂幕が掲示されている。同日朝、伊東香織・倉敷市長(52)は職員の前で挨拶し、懸垂幕の掲出を見守った。

 東大法学部、ハーバード大学ロースクールで学んだ元総務官僚の伊東市長は、2008年に初当選。「史上最年少の女性市長(当時)」と話題をさらい、現在3期目だ。

 だが、その2週間前の8月3日に「がんばろう! 倉敷・真備」と書かれた懸垂幕がかけられ、わずか1日で外されていた。市関係者は苛立ちを隠さない。

「地元の有志が計画したものでしたが、『文言について市長の決裁が降りていない』ということを理由に外されました。一体どこに問題があったのか。あの市長は、何事も自分で決めないと気が済まないのでしょう」

 別の市関係者が続ける。

「それだけではありません。豪雨直後の7月下旬、福山市のドックに係留中だった『豪華クルーズ客船』を、避難所とする計画が進められたんですが、それにも突然ストップがかかったんです。

 その船は約800人を収容可能で、東日本大震災でも避難所として利用された実績がある。シャワーやベッドが完備され、避難所での精神的負担となるプライバシーも確保できる。

「船を所有している会社の経営者は篤志家で、“3か月間は、無償で提供する”と。7月24日にバス2台をチャーターして被災者による客船の見学会も行なわれました。実際に見学した人は、“これでお風呂にも入れるし、ゆっくり寝られる”と大喜びしていました。

 しかし、市に提案しても、待てど暮らせど返事が来ない。8月中旬になってやっと返事があったと思ったら、“市長とも相談したが、現在は人手が足りなく、臨時避難所を拡大する方針にない”というものだった」(同前)

 発案者の1人で、客船の見学にも同行した塩津学・倉敷市議は、困惑した表情でこう説明した。

「決裁しないという市長の判断は甚だ疑問です。何より、被災者の期待も大きかった分、それを裏切る結果となってしまって申し訳ない。被災者にどう説明したらいいのか…」

 船を所有する会社の担当者は、「市長を説得できなかったと聞いています。残念です」と語る。伊東市長に質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。地域が一丸となって取り組むべき復興に、思わぬかたちでヒビが入っている。

※週刊ポスト2018年9月21・28日号