培養皮膚などで95%のやけどでも救命に成功 京アニ事件被告の手術も

ざっくり言うと

  • 鳥取大病院は、全身の皮膚の95%にやけどを負った患者の救命成功を発表した
  • 患者自身の健常な皮膚から培養して作った表皮などを貼り付けたという
  • 担当した上田敬博教授は、京アニ事件の被告の手術も実施していた

ランキング

x