閣僚の靖国神社参拝などに、韓国政府は反発している。韓国・外務省の報道官は「侵略戦争の歴史を美化している靖国神社に、日本政府と国会の指導者がまた供え物を送り、参拝を強行したことに対し、深刻な遺憾を表わす」とコメントを発表した。その上で、「過去の歴史に対する謙虚な反省を行動で見せる時こそ、未来志向の日韓関係の発展に寄与し、周辺国と国際社会の信頼を得ることができる」などと主張した。