福島第1原子力発電所2号機の格納容器から非常に高い放射線量が検出されたことが報じられて以降、中国では日本国内の安全性に対する不安の声がしばしば聞かれるようになった。中国メディア・今日頭条は27日「放射能が理由で日本に行く気にならない? 東京の放射能を測ってみた」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)サーチナ

東京と北京の放射線量を比較 同レベルのため危害の心配なしと説明

ざっくり言うと

  • 中国メディアが2月27日、東京と北京の放射線量を比較した記事を掲載した
  • 毎時0.06から0.14マイクロシーベルトの範囲内で、基本的に同じだったという
  • 「東京での放射能の危害を心配する必要はない」と結論付けている

ランキング