アマンダ・ペイズ

写真拡大

米CBSで1990年に放送されたアメコミドラマ『超音速ヒーロー ザ・フラッシュ』で、ヒロイン役を務めていたアマンダ・ペイズ。その彼女が、米CWで10月に始まる新シリーズ『The Flash』にも出演することになった。The Hollywood Reporterなどが報じた。

【関連記事】『ARROW/アロー』のスピンオフ、『The Flash』に主演するグラント・ガスティンが心境を語る!

『The Flash』は、深紅のスーツを身にまとい、超高速で移動できるヒーロー、ザ・フラッシュの活躍を描くドラマ。『ARROW/アロー』シーズン2に登場した青年バリー・アレンを主人公にすえたスピンオフ作品だ。『Glee』でセバスチャン役を演じたグラント・ガスティンが、バリー(ザ・フラッシュ)を演じる。

アマンダの出演だけでも十分にニュースなのだが、さらに面白いことに、彼女は旧シリーズと同じく、「ティナ・マクギー博士」役を演じることになるのだとか。旧シリーズにおけるティナは、主人公バリーの仲間であると同時に、心を通い合わせていた女性。新シリーズにおいては、旧シリーズでティナが勤務していたスター・ラボのライバル企業に務める女性として登場するという。

英国出身のアマンダは、『マックス・ヘッドルーム』のヒロイン役としてとくに有名。『L.A. LAW/7人の弁護士』のコービン・バーセンと1988年に結婚し、四児の母親となっている。

なお、以前にもお伝えしたように、旧シリーズの主役だったジョン・ウェズリー・シップも、バリーの父親ヘンリー役として新シリーズに準レギュラー出演する。ジョンとアマンダの共演シーンが新シリーズに用意されているのかどうかは不明だが、旧シリーズのヒーローとヒロインの対面を、ぜひ見てみたいものだ。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・超高速ヒーローのドラマ『The Flash』で、旧フラッシュを演じた俳優が父親役に『ARROW/アロー』のスピンオフ、『The Flash』に主演するグラント・ガスティンが心境を語る!『プリズン・ブレイク』兄弟が、『ARROW』スピンオフで久々に共演!