新たなご当地メニューとして定着するか、富山ブラックサイダー

写真拡大

今や全国区の人気となったご当地ラーメン「富山ブラック」だが、その故郷・富山市の老舗メーカー・トンボ飲料が2012年4月1日、この「富山ブラック」をイメージした炭酸飲料「富山ブラックサイダー」を発売する。

真っ黒なスープに濃い目の味付けで、一口食べれば「やみつきになる」と評判の「富山ブラック」の味を、サイダーで再現することを目指した。しょうゆの風味に加え、ぴりりと辛いコショウがしっかりと利き、そのスパイシーな味わいがサイダー自体の甘みや炭酸の清涼感にほどよくマッチしているとのことだ。

もちろん、色は「本家」さながらの「ブラック」。そのまま飲むのももちろん、焼酎などで割ってもおいしく味わえる。

参考小売価格は200円。富山県内のみやげ物店や飲食店を中心に、全国の量販店・スーパーでも販売する。