※画像はイメージです

写真拡大

2023年7月15日(土)〜10月31日(火)の期間、「東京ドームシティ アトラクションズ 」にあるお化け屋敷「怨霊座敷」にて、恐怖の演出・ミッションをさらにパワーアップした『呪いの硝子窓』が開催される。

<内容>

神戸芸術工科大学 志茂浩和教授の「SSF=Shimo Style Fantasmagoria」の特殊映像技法を用いて非現実的な「得体の知れないもの」を表現。

2018年4月以降、<靴を脱いで入る>演出を開催してきたが、今回は<靴を履く>演出で開催される。

恐怖演出がパワーアップする今年の特別演出では、部屋の中に閉じ込められた夜雨子の怨念が、引っ越してきた夫婦に襲いかかってくる。そして、この家の床には、硝子の破片が落ちているかも……。 踏みつけるとその怨念が足の裏から体に取り憑うため、靴だけはしっかり履いて進んでいかなければならない。

さらに 17 時以降の【絶叫編】では、16 時までの『呪いの硝子窓』よりも恐怖の演出ポイントがさらに倍増し、恐怖度が何倍にもアップ。夏の暑さを吹き飛ばす恐怖のエンターテインメントを楽しむことができる。

◆開催期間
2023年7月15日(土)〜10月31日(火)

※7/3(月)〜14(金)の期間、お化け屋敷「怨霊座敷」の営業は休止
※【絶叫編】は9/3(日)まで

◆開催時間
10:00〜16:00 【絶叫編】 17:00〜22:00

※9/1(金)〜10/31(火)までは21:00までの営業を予定
※8/11(金)〜15(火)は 9:30〜
※混雑状況により、受付時間が変更の場合あり

◆開催場所
東京ドームシティ アトラクションズ ラクーアゾーン 1F

◆料金
1,050円 【絶叫編】 1,200円
※ワンデーパスポート・ライド 5・アトラクション1回券での入場可
※【絶叫編】はワンデーパスポート・ナイト割引パスポート・ライド 5・アトラクション1回券利用の際は、別途700円が必要

◆入場規定
6歳以上

◆企画 ・制作
螢フィスバーン

◆プロデュース
五味弘文氏

◆映像演出
神戸芸術工科大学 志茂浩和教授

◆公式サイト
https://at-raku.com/attractions/laqua/onryouzashiki/

(2023年6月15日時点の情報)