ウクライナ侵攻をめぐり、ロシアのプーチン大統領が演説を行い、予備兵など一部のロシア国民の動員を発表した。

【映像】兵員不足に苦しむロシア軍 シリア駐留部隊を投入か

 プーチン大統領は日本時間の21日午後3時ごろに放送された国民向けの演説で、予備兵など一部のロシア国民を動員すると発表。動員は、21日から開始されるという。

 プーチン大統領によると、現在予備役にあって、特に軍隊への勤務経験や軍事的な専門性を持っている市民が動員の対象になるとしている。また、欧米諸国が核の脅威をちらつかせていると訴え、ロシア本土とウクライナにある親ロシア派地域の安全が脅かされた場合は、ロシアが持っている全ての武器の使用も辞さないとして、核兵器の使用も示唆した。

 プーチン大統領は「これは、はったりではない」と強調している。(ANNニュース)