2022年2月21日、カプコンがストリートファイターシリーズの最新作となる「ストリートファイター6」の制作決定を発表しました。このストリートファイター6のロゴが約1万円でAdobeが販売しているロゴにそっくりだっと話題になっています。

Street Fighter 6's New Logo Looks Like A Piece Of $80 Clipart

https://kotaku.com/street-fighter-6-vi-capcom-graphic-design-logo-sf6-sf5-1848573656

ストリートファイターの公式Twitterアカウントは、ストリートファイターVの最後のダウンロードコンテンツ(DLC)キャラクターであるルークとリュウが対峙するムービーを公開し、ストリートファイター6の制作決定を発表しています。

ストリートファイター6はこれまでで最も人気のあるゲームシリーズのひとつであり、各シリーズのロゴもゲームに登場するキャラクター同様に非常に認知度の高いものとなっています。また、各シリーズのロゴは一貫性のあるデザインを採用しており、「派手で武術的で芸術的なフォントを採用している」と海外ゲームメディアのKotakuは指摘しています。

1987年に登場したシリーズ1作目から2016年に登場したストリートファイターVまでのロゴは以下の通りで、明確な連続性を持っています。

しかし、ストリートファイター6のロゴは以下の通りこれまでのデザインから一新されたスタイリッシュな見た目に変更されています。Kotakuは「美しく戦闘的なフォントはなくなり、スタジオロゴのような見た目に変わりました」「ローマ数字もなくなり、代わりに『6』が表示されています」と指摘。

この新しいロゴを見たArsTechnicaのAurich Lawson氏は、「ストリートファイター6のロゴは、Adobe Stockで80ドル(約9200円)で販売されています」「ストックサイトで『SF』と検索して見つけたロゴの角を丸め、数字の『6』を追加しただけです」と指摘。

ストック素材サイトのAdobe Stockで販売されているストリートファイター6のロゴによく似たロゴが以下。海外では80ドルで販売されていますが、日本では1万318円で販売されています。

SF FS Letter logo design vector template Stock ベクター | Adobe Stock

https://stock.adobe.com/jp/images/sf-fs-letter-logo-design-vector-template/422995611?prev_url=detail&asset_id=422995611

2つを並べて比較してみると、外側の枠線やSFという文字の線の太さが異なったり、SFという文字の角部分が一部面取りされていたりといった細かな違いもあります。

さらに、ストリートファイター6のロゴを白色で、Adobe Stockで公開されているロゴをグレーでオーバーレイすると以下の通り。線の太さだけでなくSとFの文字の横線が斜めに処理されていることもわかります。