芦田愛菜

写真拡大 (全15枚)

女優の芦田愛菜が、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『日本ジュエリー ベストドレッサー賞』の10代部門に選出され、13日の都内で行われた表彰式に出席した。

囲み取材で、17歳の高校生活に迫った質問があった。記者が「異性のことが気になったりする年頃ですね?」と尋ねると「えっ」と声を発し、たじろぐも「いつかは…そんな機会があったらイイなと思います」と想像した。

その答えから「遠く感じますね」と続けると「う〜ん…でも、はい、素敵な方がいたらイイな」と切り返した。

来月のバレンタインデーに話題を移し「チョコレートをあげたい人はいますか?」という問いかけには「そうですね」と受け流しつつ、「仲が良い友達と一緒に、友チョコを作ったりします。毎年そんな感じ…う〜ん…いなくてスイマセン」と迫ってくる記者の勢いを止めて、笑わせた。


▼ 芦田愛菜(10代部門)


芦田には今回、参加企業の東京真珠から『アヤコパールネックレス プリマパール』がプレゼントされた。真珠のネックレスを身に付けて「今回頂いたジュエリーを付けさせていただきました。私にとってまだ、大人の象徴のように感じていたものなので、とても身が引き締まります」と率直な思いを表した。

「このジュエリーが相応しいのか、まだソワソワした気持ちもありますが、まずは内側から変えていって、宝石のように輝ける女性になれればイイなと思います。この度は本当にありがとうございます」とお礼を口にしていた。



過去1年間を通じて「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」を表彰する賞として33年の歴史を誇る「日本 ジュエリー ベスト ドレッサー賞」。今回の受賞者は、以下の通り。

第33回『日本ジュエリーベストドレッサー賞』の受賞者
10代 芦田愛菜(女優)
20代 広瀬アリス(女優)
30代 佐々木希(女優)
40代 アン ミカ(女優)
50代 真矢ミキ(女優)
60代以上 宮崎美子(女優)
男性部門 北村匠海(俳優)
特別賞 水谷隼(元プロ卓球選手)


▼ 宮崎美子(60代以上)

▼ 真矢ミキ(50代部門)

▼ アン ミカ(40代部門)

▼ 佐々木希(30代部門)

▼ 広瀬アリス(20代部門)

▼ 芦田愛菜(10代部門)

▼ 北村匠海(男性部門)

▼ 水谷隼(特別賞)