7月、映画のキックオフイベント後の姿

写真拡大

 駐車場をさっそうと歩く、長身のイケメン。黒をベースとしたシャツと黒のパンツ、白のスニーカー姿で、スタッフとみられる男性たちに囲まれて歩く。そして、左手の薬指には指輪がキラリ──。これは、7月に開かれた映画『弱虫ペダル』(8月14日公開)のキックオフイベントを終えた後の伊藤健太郎容疑者の姿だ。数々の映画やドラマに出演し、俳優としてますます飛躍が期待されていただけに、今回の逮捕は多くの関係者に衝撃を与えている。

【写真】左手薬指にキラリと光る指輪のアップ写真。アザーカット6枚あり

 伊藤容疑者は、10月28日午後5時45分頃、渋谷区千駄ヶ谷の外苑西通りで車をUターンしようとして、対向車線を直進してきた2人乗りのバイクと衝突。そのまま車で立ち去った疑いがあるとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで警視庁に逮捕された。運転していた26歳の男性は打撲、同乗していた27歳の女性は左脚を骨折する大けがをした。

 事故を起こしたあと伊藤容疑者はそのまま現場から離れたが、事故を目撃していた男性が車でクラクションを鳴らしながら追跡。戻るよう促して、ようやく現場に戻ったという。その様子を目撃していた人は「(事故直後は)止まる様子はなかった」と語っていた。

 事故を受け、フジテレビでは伊藤容疑者が出演予定の3番組について差し替えることを表明。主要な役どころで出演している30日公開の映画『とんかつDJアゲ太郎』の初日舞台あいさつも欠席になるなど、芸能界には大きな影響が出ている。

 注目されているのは、「なぜ現場から立ち去ったのか」だ。

 最近の事故では、たとえ現場から逃げたとしても、現場に残された車の塗料や防犯カメラ映像、周囲の車のドライブレコーダーなどから衝突した車が割り出される可能性は高い。都心部で交通量の多い夕方の時間帯ならなおさらだ。

 逮捕報道が出た直後は、報道陣の間で「助手席に誰かが乗っていたのでは」といった憶測も飛び交ったが、捜査関係者はそれを否定。現場に戻ったときには1人だったという。また、アルコールや薬物を摂取していた形跡もないとのことだ。事故現場から逃走する理由は見当たらない。事故を起こしたら自ら通報しけが人の救護にあたるのはドライバーの義務だが、逃げずに通報したほうが俳優人生に大きな傷はつかないと考えるのが自然だろう。

 伊藤容疑者に近い関係者は、こう語る。

「伊藤さんは、事故を起こした瞬間、もしかしたら大切な人たちのことが頭に浮かんだんじゃないでしょうか。仕事でお世話になった人はもちろん、噂になった女性のこととか……。彼は、プライベートの場面ではいつも左手薬指に指輪をつけているくらいでしたから」

 女性とは、1月に熱愛が報じられた女優の山本舞香のことだ。交際のきっかけは、伊藤容疑者の親友とされる俳優の北村匠海が山本を紹介したこととも報じられていた。そして、前述の映画『とんかつDJアゲ太郎』にその3人は出演。一気に距離が近づいたという。

 しかし、本当に大切な人のことが頭に浮かんだのならば、事故を起こして気が動転していたとしても、ドライバーの義務を果たすべきだろう。

 所属事務所は公式サイトを通じて「本件事故に関してお怪我も含め被害について誠心誠意、対応させて頂く所存でございます」とコメント。伊藤容疑者の今後の活動については「捜査の推移を踏まえた上で、皆様にご報告をさせて頂ければと思います」とつづった。

 一緒に仕事をしたことがある芸能関係者は「俳優としての素質は間違いないし、仕事にはきちんと向き合うタイプ。男気もあってまっすぐな性格だから今回の逮捕は信じられないが、事件についてはちゃんと対応して、また俳優として活躍してほしい」と語った。

 公私ともに充実していた伊藤容疑者がなぜ現場から立ち去ったのか、捜査の行方に注目だ。