北海道を代表する空の玄関口といえば新千歳空港ですが、なぜ「新」が付くのでしょうか。かつてはあった「千歳空港」からの経緯を見ていきます。

千歳基地が「新」の付かない「千歳空港」だった

 北海道を代表する空の玄関口といえば、新千歳空港です。羽田〜新千歳線は、羽田〜福岡線と並ぶ国内幹線のいわゆる「二大巨頭」で、世界でもトップ10に入るほど利用者数の多い路線です。


新千歳空港(画像:写真AC)。

 この新千歳空港の名前には「新」が付いています。しかし、たとえば成田空港の旧称「新東京国際空港」のように「羽田空港に次ぐ第2の東京への玄関口」という意味合いでもなく、開港からずっと千歳市と苫小牧市に位置しています。「新」が付かない「千歳空港」はどこにあったのでしょうか。

 かつての「千歳空港」は、新千歳空港のすぐ隣にあります。現在の航空自衛隊千歳基地です。ここは1988(昭和63)年まで、いわゆる「軍民共用」の空港として、民間機と自衛隊機が同じ滑走路を使っている状態でした。

 ただ、昭和の終わりごろは利用者数が1000万人に迫る勢いを見せるほど、民間機の航空需要は大きな伸びていた一方で、「東西冷戦」も続いていました。千歳空港では民間機だけでなく当然自衛隊機も離着陸するわけですが、当時のソ連軍機が日本の領空に近づくたび、同国に近い千歳基地の戦闘機がスクランブル発進をすることに。冷戦ピーク時には年間約200回行われたという記録もあります。

新千歳空港が現在に至るまでの経緯とは

 この状況下で軍民共用空港として千歳空港を使用し続けることはキャパシティの面でも、安全面においても難しくなってしまったことから、千歳基地の南東すぐ近くに新たな滑走路を建設。ここを民間機専用のものとし「新千歳空港」とします。

 供用当初の新千歳空港は滑走路1本のみ、ターミナルは1963(昭和38)年竣工の旧千歳空港のものをそのまま使うところからスタートします。整備は段階的に進み、1992(平成4)年に新ターミナルビル(現・国内線ターミナル)がオープン。ついで、1996(平成8)年に2本目の滑走路の供用が開始されました。


政府専用機。2機とも拠点を千歳基地に置いている(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 その後、LCC(格安航空会社)の台頭などで、新千歳空港の規模は拡大し続けており、2010(平成22)には新たに国際線ターミナルがオープンしています。

 ちなみに新千歳空港は2020年現在も旧「軍民共用空港」の名残りがあります。同空港の航空管制は、航空自衛隊が千歳基地と一括で実施。千歳基地も新千歳空港と誘導路でつながっており、まれに民間機が、新千歳空港の滑走路が使えないときなどに千歳基地の滑走路を使って離着陸する、といった光景も見られます。