うわっ、まさにSF映画みたいです/Junya(@jungraphy__)さん提供

写真拡大

「梅雨時のスカイツリーが最高にかっこいいからぜひ見てほしい」とのコメントとともに投稿された写真が話題です。雲にかすみながら輝くタワーは、宇宙から巨大な怪しいエネルギーに打たれているようで、私たちの知っているスカイツリーとは違った様相。タワーの光を反射させる地面の水たまりも何かダークサイドな感じで、まさにハードボイルドなSF映画の中に迷い込んだようです。じめじめ暑苦しい東京の街並みが、こんなクールな姿を見せるだなんて…みなさんが驚いています。

【写真】お昼時はこんなのどかな風情ですが…十間橋からスカイツリー方面をのぞむ

撮影したのは、Junya(@jungraphy__)さんです。2017年より写真家として活動しており、都市の夜景を中心に撮影しているといいます。6月22日にTwitterに投稿し、23日夕刻までに4.5万件ちかい「いいね」がついています。

写真を見た人たちからは、その幻想的な様子に「ここは本当に日本?」「バベルの塔みたい」「ダンジョン感がすごい」といった声が続々と。「ブレードランナーの世界みたい」「ゴーストバスターズ感ありますね」「インデペンデンスデイの宇宙人に侵略されるシーン」…といったように、映画のワンシーンを思い出したという指摘もありました。

また、東京タワーと比較されることの多いスカイツリーですが、「断然東京タワー派なんだけど、このスカイツリーはかっこよくてちょっと悔しくなっちゃう」という人までいました。

投稿したJunyaさんにお話を聞きました。

―本当に幻想的な写真ですね。梅雨にあわせて撮影したそうですが…。

「撮影したのは6月20日だったと思います。撮影前までかなり雨が降っていました。別の場所で撮影していたのですが、遠くのほうでスカイツリーと雲がかぶっているのが見えて、ダッシュで向かいました」

―なるほど、雨上がりにすごい光景を見つけた!という感じですね。

「撮影場所は十間橋、西十間橋ちかくの川沿いです。雨上がりということもあり、水たまりとからめて撮影できる場所を選びました。場所については、前から知っていたものの、行ったことがなかったため、一緒に撮影していたカメラマンの友人に案内してもらいました。ちなみに友人は1枚目の写真の中に写っています」

―あ、この写り込んでいる人もかっこ良くて気になっていたんです!…写真のおすすめポイントはどこですか。

「水たまりの反射、雨雲の雰囲気などから、梅雨時ならではの写真になったと思うとともに、スカイツリーの別の表情を捉えることができたと思っています。なお、クリアーな美しさ、都市夜景のクールなかっこ良さを狙って色味やトーンを調整しています」

―夜景を中心に撮影する写真家として活動されているそうですが。

「もともと写真を始めたきっかけは、転勤で行っていた新潟の自然に魅了されたという理由ですが、仕事の関係で東京に戻ることになり、仕事との両立を考え、夜景中心に撮影していくことに決めたのがきっかけです。特に夜の写真が大好きになったきっかけは、シンガポールに撮影で行って、人生で一番感動する景色を見たからです」

―多くの反響が寄せられています。

「正直こんなに多くの方に見ていただけると思わなかったので、驚いています。また、このような写真は、写真の腕というより、この状況に出会えたことが何より大きい部分ですので、一緒に撮影した友人と、スカイツリー、天候に感謝です」

(まいどなニュース・川上 隆宏)