コロナ禍による窮状に支援を呼びかけたテベスだが、その発言が物議を醸している。 (C) Getty Images

写真拡大

 アルゼンチンのスターが放った一言が波紋を広げている。

 発信者となったのは、ボカ・ジュニオルスに所属する元アルゼンチン代表FWのカルロス・テベスだ。

 新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大し、日々深刻な状況となっている窮状に、「俺たちのようなサッカー選手は、たとえ無給となったとしても半年、あるいは1年は生活することができる」として、プロフットボーラーによる支援を呼びかけたのだ。

「世の中には家族を何とか養うために毎朝6時に起きて、夜遅くまで働いている父親がたくさんいるんだ。俺たちはそういった人たちとは違う生活を送っているが、できることがある。サッカー選手は違いを生むことができる」

 幼少期にブエノスアイレスの貧民街『フエルテ・アパッチェ』で育った経験から貧困生活が何かを知っているテベスらしい発言であったが、この呼びかけに反論する声が次々にあがっている。

 アルゼンチン3部のロス・アンデスに所属するルイス・サルメロンが自身のツイッターで、「全ての選手が6か月も給料なしで暮らせるわけじゃない。それを理解してもらわないと困る」と綴れば、現在エクアドル1部のデポルティボ・クエンカでプレーするアルゼンチン人MFダニエル・ネクルマンもツイッターに、次のように記した。

「アパッチェ(テベスの愛称)。君はボカ、コリンチャンス、ウェストハム、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、ユベントスでプレーして、中国で何百万ドルも稼いだだろ」

 異論を唱えるのは、下部リーグや他国リーグでプレーする選手たちばかりではない。アルゼンチンの名門エストゥディアンテスで10番を背負うアルゼンチン人FWガストン・フェルナンデスは、衛星放送『Sky Sports』の取材に、こう答えている。

「アルゼンチンの全ての選手が、多くの人々が思うように生きていけるわけじゃない。その大半は大規模な給与削減に対処できるとも思えない。たぶん、最終的には従わざるを得ないと思うけどね。ただ、僕らの国では多くのサッカー選手が給与を搾取され、常に金を失っているんだ」

 テベスは、「個人的に多くの人たちの手助けをしたいんだ」とも語っていただけに、全選手に無理強いをさせるという意味ではなかっただろう……。同胞たちの言葉に胸を痛めているかもしれない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部