母殺した50代への裁判官の意外な言葉 現代日本社会への問題提起

ざっくり言うと

  • 2006年夏、心中を図って要介護の母親を殺した罪で50代男が裁判にかけられた
  • 裁判官は親子が困窮した背景を慮り、男を執行猶予付きの懲役刑に
  • また、介護保険や生活保護のあり方が問われていると社会への問題提起もした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x