■気がつけば天井知らずに相場を上げた初代ホンダNSX

●マニュアルで乗りたいなら700万円は覚悟しておきたい

バブル景気時に開発されたクルマには名車が多いという話を良く聞きます。その筆頭がR32スカイラインGT-Rですが、同時期に開発され1990年に発売が開始された初代ホンダNSXを忘れてはいけません。国産車として初めてスーパーカーのジャンルに参入したクルマで、オールアルミモノコックボディのミッドに3リッターV型6気筒VTECエンジンを搭載していました。その後エンジンは3.2リッターに拡大され、2005年まで生産されました。

ということは、最終モデルでも15年、初期モデルでは30年も前のクルマということになります。当然、中古車は手ごろな相場になっていると思いますが、そうではありません。一時期相場を落としたこともあるNSXですが、現在は高値安定状態にあります。最終のNSX-Rでは3000万円台の後半、もしくは4000万円の声を聞くこともあるそうです。一体なぜ、このような事態になったのでしょうか。

●初代ホンダNSXプチヒストリー

まずホンダNSXの歴史をおさらいしましょう。発売された1990年はバブル崩壊前夜ともいえる時期で、1989年に発表されると予約が殺到します。国内だけで見れば1990年9月に発売され同年中に744台、翌年には3849台と高価格帯の2シーターモデルとしては異例の販売実績を残します。トランスミッションは標準の5速MTだけでなくATが用意されたことも販売台数の伸びを加速させた理由の一つです。

1990年発売ホンダNSX。

1992年11月にエンジン部品を変更してレスポンスを向上させるとともに、遮音材や装備を省くことで120キロも車体を軽量化させたタイプRが追加発売されました。ニュルブルクリンクなどのサーキットでテストされた専用サスペンションも特徴です。

1992年発売ホンダNSXタイプR。

1995年はルーフを脱着式にしたオープントップモデルのタイプTが追加されるとともに、ATをマニュアル感覚で操作できるFマチック、電動スロットル制御システムDBW(ドライブ・バイ・ワイヤ)、トルクリアクティブ・プリロード型LSDなどが新採用されました。

1995年発売ホンダNSXタイプT。

1997年のマイナーチェンジではエンジンが3リッターから3.2リッターに拡大されます。同時に6速MTが採用されますが、従来からのATモデルは3リッターエンジンのまま残されました。また3年ほどだけ製造されてカタログ落ちしていたタイプRに代わる軽量モデルとしてタイプSが新設定されます。専用サスペンションなどを装備するモデルで、これをさらにサーキット向けにしたタイプS・Zeroも設定されました。

1997年発売ホンダNSXタイプS。

1999年のマイナーチェンジを経て2001年にはリトラクタブルヘッドライトを固定式に変更する大々的なマイナーチェンジが実施されます。フロントバンパーやリヤバンパースカート、ドアガーニッシュ、テールランプなどのデザインを変更しつつ、BBSと共同開発した新デザインのアルミホイールと17インチタイヤを採用しています。

2001年発売ホンダNSX。

2002年にはタイプRの実質的な後継車であるNSX-Rが追加発売されました。実質的にこれが最後のモデルになりますが、2005年にはSUPER GTホモロゲーションモデルであるNSX-R GTが5台限定販売されています。

2002年発売ホンダNSX-R。

●なぜ初代NSXの中古車相場はこんなに上昇したのか!?

長い歴史のある初代NSXですから、これまでに何度も相場を上下させることがありました。一時期は200万円台から中古車を選べたものですが、現在は高騰気味です。理由を聞くために、初代NSXの専門店であるヨコオオートモビルALPHA店さんを直撃しました。

ヨコオオートモビルALPHA店の外観。
ヨコオオートモビルALPHA店の内観。

お話を聞いたのはカーライフアドバイザの市川大樹さんです。まず現在の中古車相場を形成したのは新型NSXの発売が契機になったと教えてくれました。

「2013年の東京モーターショーで新型が発表されました。この時はコンセプトカーですが従来からのマニアを興奮させるには十分な内容です。新型への期待から初代の中古車相場は一旦は落ちつきますが、2016年に内容と価格が発表されると期待が裏目に出ます。当初は2000万円以内だろうとの予測でしたが、実際には2400万円。しかもエンジンはハイブリッドでした。また実際に納車された人たちから足回りが良くないなどの評価が広まり、一気に旧型への注目度が高まったのです」

ヨコオオートモビルALPHA店カーライフアドバイザの市川大樹さん。

なんと、新型が発売されたことで旧型が再注目されるという現象が起きたのです。この結果、新型の販売価格である2400万円を軸に中古車相場が動きます。ベースモデルの中古車相場がみるみる上昇して、頂点モデルであるタイプRやNSX-Rは新型の価格を上回ることになります。

現在ではこの現象がさらにエスカレートして、02年のNSX-Rは4000万円ほどの相場です。1992年のタイプRでも状態が良いものだと3000万円を超えています。92年モデルのタイプRは970万円、02年のNSX-Rは1200万円ほどの新車価格でしたから、3倍以上の相場という異常事態になっているのです。

初期型タイプRは3000万円前後の相場です。

●映画『ワイルドスピード』も影響している?

ここ数年で国産スポーツカーの中古車相場が高騰しました。NSXにもこの方程式が当てはまるのでしょうか。

「国産スポーツが高騰したのは国内市場だけではなく海外からの引き合いも影響しています。特に映画『ワイルドスピード』に登場した車種は顕著な上がり方をしました。NSXも実は後半の作品で主役の奥さんの愛車として黒い固定式ライトのモデルが登場しています。これで世界中から再注目されたのだと思います」と映画の影響を教えてくれました。

「実際に海外から来た方が売って欲しいと来店するのですが、弊社では一切お断りしています。海外に出してしまうと戻ることはありませんから。ですが、バイヤーなどが業者オークションでNSXを仕入れて海外に輸出してしまうことまでは止められません。多くのNSXが海外に輸出されてしまいました」

こうしたバイヤーはオークションで高評価されたものやフルオリジナルの個体ばかりを買っていくそうですので、良いものが国内から消えていくことになります。これも相場をあげてしまった要因です。

●低年式なら400万円台から選べるがトラブルに注意

では相場を見てましょう。現在最安値だと400万円を切るものがありますが、一般的には400万円台の前半からとなっています。ですが400万円台ですと後半になったとしても選べるのはATモデルだけです。マニュアルで乗りたいと思うなら最低でも500万円以上でないと選べない状況です。

初代NSXの中古車では価格応談のものも多いです。

意外に高くないと思えますが、それには訳があります。現在市場に流通している初代NSXの大半が1990年代前半、もっと言えば1990年から1992年式までのモデルが大多数を占めます。つまりバブル時代に注文したクルマがほとんどなのです。と言うことはすでに30年近く前のクルマです。

何が言いたいかと言えば、それらは乗っているうちに大体トラブルが出ます。いかに走行距離が短くても電装部品には耐用年数がありますから、一定の割合で故障します。また一時期相場を下げた時代があるため、メンテナンスを怠っている個体もあります。そのしわ寄せは必ず訪れます。これらを対策していくと、車両価格の3割増4割増になるのは必然です。

「3リッターのマニュアルに乗りたいのでしたら700万円くらいは見てください」と言う市川さんの言葉には、トラブルを未然に防ぐための整備がされた車両だという意味合いです。とはいえ初代NSXのエンジンやミッションは、たとえATであってもそう簡単に壊れません。発売された当時、創業者の本田宗一郎ご本人がエンジンは30万キロ壊れないと豪語しています。そして実際、ヨコオオートモビルのお客さんには30万キロ、40万キロ走ってもエンジンやミッションが壊れていないケースが多いというのです。

700万円を用意すれば安心できそうです。

中古車を見ていると、ある特徴があることに気づきます。スポーツカーであるのに修復歴のある個体が少ないのです。なぜかといえば、NSXはアルミモノコックボディを採用しています。そのため事故などで板金作業が必要になっても鉄板を修正するようには直せないからです。アルミ板金ができるのはごく一部の職人だけなのです。

ですが、ホンダからは現在も修理用部品としてフロントセクションが供給されています。これはドアから前をゴッソリ新品に交換するためのパーツです。だから安心と思いますが、フロントを全て入れ替えるとなると600万円以上の費用がかかります。修理する人が少なく廃車されてしまうケースもあったことでしょう。それゆえ市場には修復歴のないクルマが多いのです。

●中古NSX購入する時に覚えておきたいこと

では、NSXを購入する時に注意すべき点はどのようなことでしょう。

「どこかしら壊れると思ってください。約30年も経っているクルマですと、どのようにメンテナンスされてきたかで状態は変わりますが、細かなトラブルは必ずあると思ってください」ということを前提に、エアコン、パワステ、オーディオ、ABSなどがチェックポイントに挙げられます。またテールランプは経年と保管状況で曲がってしまうこともあります。ただ、この中で補修部品がないのはオーディオくらいですので、直せないことはありません。

またスーパーカーとはいえホンダが作る量産車ですので、補修部品が法外に高いことはありません。例えばフェラーリのクラッチを交換すると200万円ほどかかりますが、NSXなら20万円前後で収まります。スーパーカーではあるけれど、国産車だから維持しやすいのがNSXです。

ヨコオオートモビルさんでは、仕入れたクルマをそのまま販売することはなく、トラブルになる個所は事前に修理しているそうです。ですのでエンジンやミッションだけでなく電装系までを保証しています。購入後にトラブルなく過ごしたいのでしたら、こうしたショップから購入するのがベストです。それでも壊れてしまうことはあります。

また、手放すことを考えるのでしたらボディカラーが赤のマニュアルモデルを選ぶといいそうです。

リセールを考えるなら赤のMTを選びましょう。

●初代NSXは今が買い時でしょう

総合的に考えると、初代NSXの買い時は今のようです。「NSXを長年見続けてきました。相場が下がった時期が何回かありましたけれど、その度に相場は盛り返します。新型が発売された2016年以降、初代の人気は下がっていませんし、上がり続けています。それから4年が経ちますが、もう初代の相場が下がる要素はありません。今後も上がり続けるでしょう」と聞けば、やはり今が買い時だと思えます。

さらに「初代が発売された時、本田宗一郎さんはNSXの部品を作り続けるとおっしゃいました。ですが震災の影響で下請け工場がなくなったり、現役でNSXを見ていたメカニックや技術者が退職して現場で対応できなくなり始めました」と続く言葉を聞くと、今のうちに良い状態のものを確保しておくのが理想的です。時間の流れによる変化は避けようがないことは確かです。初代NSXが欲しいのでしたら、今のうちに買うことをオススメします。

●ヨコオオートモビルさんで見つけたNSXをチェック!

【1台目】2003年式ホンダNSXタイプSが2190万円!
まず紹介するのはタイプS最終でマニアの間で重視される高根沢工場生産モデルです。令和3年4月まで車検が残り、走行距離は2.4万キロです。内外装ともに極上レベルといえ、修理できない純正オーディオもしっかり実動です。カーボン製シートにヤレは見当たりません。エンジン・ミッションも抜群の状態でしょう。

2003年式ホンダNSXタイプSの外観。
2003年式ホンダNSXタイプSのインパネ。
2003年式ホンダNSXタイプSのコンソール。
2003年式ホンダNSXタイプSのシート。
2003年式ホンダNSXタイプSのエンジンルーム。

【2台目】1991年式ホンダNSXのATなら459万円!
2台目は最も手頃と言える初期のATモデルです。令和2年6月まで車検が残り、走行距離は8.7万キロですので年式を考えたら低走行と言えるでしょう。同じ状態でMTモデルなら200万円以上高い値段が付きます。安いからと言って内外装に痛みが感じられるわけではありませんので、お買い得と言えるでしょう。

1991年式ホンダNSXの外観。
1991年式ホンダNSXのインパネ。
1991年式ホンダNSXのコンソール。
1991年式ホンダNSXのシート。
1991年式ホンダNSXのエンジンルーム。

【3台目】1997年式ホンダNSXタイプSが1590万円!
3台目は人気のタイプSです。オレンジの外装色はカスタムメイド仕様のため純正です。車検はなく走行距離は12.1万キロですが、このクルマはホンダでリフレッシュプランを施されています。内装一式やサスペンションなどを新品部品に交換してあり、エンジン補器のボルトなどまで輝いています。社外エキゾーストとマフラーに変更されています。

1997年式ホンダNSXタイプSの外観。
1997年式ホンダNSXタイプSのインパネ。
1997年式ホンダNSXタイプSのシート。
1997年式ホンダNSXタイプSのエンジンルーム。
リフレッシュプランのファイルも付属。

取材協力:ヨコオオートモビルALPHA店 東京都練馬区高松5-11-21 TEL03-3904-3336

※このページで紹介している中古車は、取材時点の情報です。

(写真・文/増田満)

【関連リンク】
ヨコオオートモビルALPHA店
http://www.yokooauto.com

【関連記事】
トヨタ・スープラ専門店に聞いてみた! 80スープラを買うなら今? それとも待ち?【気になる中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
https://clicccar.com/2019/08/09/899825/

日産スカイラインGT-R専門店に聞いてみた! 第二世代GT-Rを買うなら今? それとも待ち?【気になる中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
https://clicccar.com/2019/09/07/908453/

さらばEJ20エンジン! インプレッサWRXの中古に乗るなら今だ!!【気になる中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
https://clicccar.com/2019/12/02/934620/

新型人気で中古車相場に異変アリ! 中古のスズキ・ジムニーを今買うならJA11型を狙え【気になる中古SUV・バイヤーズガイド】
https://clicccar.com/2019/12/04/935310/

相場が上がり続けるロータリースポーツ、マツダRX-7が欲しいなら迷っている暇はない!【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
https://clicccar.com/2019/12/26/941518/

相場上昇中につき買うなら急げ! 三菱ランサーエボリューションの狙い目は顔が個性的なVIIIだ!!【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
https://clicccar.com/2019/12/31/942911/

ホンダS2000の相場が2019年に急上昇していた!孤高のFRオープンスポーツを買うなら急ごう!!【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】
https://clicccar.com/2020/01/29/951033/

新型が出たら中古相場が上昇した初代ホンダNSX。最終型「R」はなんと4000万円!?【中古スポーツカー・バイヤーズガイド】(http://clicccar.com/2020/02/15/954852/)