絶滅したと思われていた「マメジカ」米保護団体が30年ぶりに発見

ざっくり言うと

  • 絶滅したと思われていた「マメジカ」が30年ぶりに発見された
  • 11日、アメリカの野生生物保護団体が研究結果を発表
  • 体はウサギほどのサイズで、ベトナム南部の森の中で見つかったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング