私は『潜入ルポAmazon帝国』で、アマゾンの小田原物流センターが2013年の立ち上げから4年間で、作業中に亡くなったアルバイトが5人いると書いた。そのうち2人は遺族にたどり着き経緯を知ることができたが、残りの3人についての詳細は分からずじまいだった。

【写真】アマゾンの小田原流通センターで仕分け作業を行う従業員


『潜入ルポ amazon帝国』(小学館)

 すると、私の書いた死亡事故の記事を読んだアマゾンの下請け会社であるワールドインテックの元社員が、「残り3人のうちの1人のアルバイトの死亡に立ち会ったことについて話したい」と名乗り出てきた。

再三言われる「エスカレの徹底」

 夜勤で働く40代後半の体格のいい男性アルバイトが倒れたのは、2016年6月のことだった。小田原物流センターの夜勤の勤務時間は、原則として午後9時から午前6時まで。午前零時から45分までの休憩が終わり、作業が再開した直後に事件は起こった。

「男性がストー(商品の棚入れ作業)中に4階で倒れたのは、1時15分前後だったと記憶しています」

 そう話すのは、神山次郎(仮名=47歳)だ。

 神山に話を聞いたのは、名古屋近辺の主要駅の混み合ったファミリーレストランだった。

 ワールドインテックの正社員として働いていた神山が、アマゾンの国内最大規模の小田原物流センター(約20万平方メートル)に異動してきたのは、センター立ち上げから半年後の2014年のことだった。西日本にある別のアマゾンの物流センターで、リーダーとして仕事を始め、スーパーバイザーに昇進した後で、小田原の物流センターに移ってきた。

 アマゾンの物流センターには、時給が一番低いアルバイトからはじまって、リーダー、スーパーバイザーがおり、その上にアマゾン社員がいる。アルバイトはハンディー端末を持って、秒刻みで一挙手一投足を監視されながら作業を行い、リーダーやスーパーバイザーはそのアルバイトを管理する。

 男性アルバイトが倒れたことに気づいた同僚のアルバイトが、リーダーに報告し、それがスーパーバイザーである神山に回ってきた。さらに神山はアマゾンの社員に報告した。

 アマゾンの物流センターでは、「エスカレ(エスカレーションの略で、上役へ上役へと報告することを意味する)を徹底するように」と何度も言われる。

 アルバイトが作業中に倒れた場合も、このエスカレが厳格に行われ、アマゾン社員に情報が伝達される。

通常10分程度で到着するはずの救急車が…

 神山が現場に到着するのは男性が倒れて10分後のこと。すでに倒れた男性に意識はなく、呼吸もしていないように思われた。同じころに到着したアマゾンの社員が携帯電話で救急車を呼び、AED(自動体外式除細動器)で、応急措置を施した。だが、男性の反応はほとんどなかった。

 通常10分程度で到着するはずの救急車がなかなかやってこないことに、神山は気を揉んだ。

「倒れた男性は、週に何度か作業現場で見かけるだけで、名前は知りませんでした。いつも黒のTシャツと黒のスラックスをはいていました。寡黙な人でしたから、あまり会話をした記憶もありません。でも、自分の職場で作業中に倒れた男性をどうにかして助けたい、と思いながら救急車が一刻も早く到着することを待っていました」と神山は話す。

15分か20分は早く現場にたどり着けたはず

 ようやく救急隊員がストレッチャーを持って現場に到着したのは、1時50分頃だった。

 救急隊員の到着が遅れた理由は、1階の入り口から4階の事故現場まで到着する道順が分かりづらく、センター内で何度も迷ったからだった。入り口の警備員が救急隊員を誘導した際の案内が悪く、到着に時間がかかった。

 小田原の物流センターの約20万平方メートルという広さは、東京ドームの4個分に当たる。センターの中は、商品の詰まった棚が所狭しと並べてあるので、迷路のようになっている。

 初めて足を踏み入れる人にとっては、目的地がはっきりと分かっていても、そこに迅速にたどり着くのは容易ではない。救急隊を案内した警備員は通常、作業現場に入ってくることはほとんどないので、センター内のレイアウトに疎いという事情もあった。

 倒れた男性を載せた救急搬送用のストレッチャーは、大きな荷物の上げ下げに使う専用のエレベーターを使って、1階まで下ろされた。

 神山が、男性と一緒に救急車に乗って、小田原市立病院まで行く間、救急隊員に、強い口調でこう言われた。

「アマゾンの倉庫が広いのは分かるんですが、最短で事故現場に着けるルートの情報を共有してもらわないと困ります。ルートがちゃんと分かっていたら、あと、15分か20分は早く現場にたどり着けたはずです」

 それを聞いた神山は惨憺たる思いになった。

「ちょっと厳しいかもしれないねぇ」

「アマゾンに対して腹立たしい気持ちになりました。人が職場で倒れているのに、どうしてもっとまともな対応ができないんだろう、と」

 神山は、男性の意識が回復することを願いながら病院に向かった。

 病院に到着したのは午前2時を回っていた。

 男性には心臓マッサージが施されたり、注射が打たれたりした。

 しかし、

「ちょっと厳しいかもしれないねぇ」

 という医師の言葉を聞いて、神山は男性の意識が戻る可能性の低いことが分かった。

 そこでも神山は医師から、再度言われる。

「もうちょっと早く処置ができていたら、この人の命は助かったかもしれませんよ」

 それから2時間、待合室で待った後、ワールドインテックの安全担当者がやってきたので、神山は現場に戻り、翌日のシフト作りに忙殺された。

 夜勤明けの午前7時すぎ、小田原署の警察官が3人ほど、死亡事故の事件性の有無を見極めるために現場検証にきたことで、神山は、男性があの後、病院で死亡したことを知る。亡くなった男性が履歴書の身元保証人の欄に、家族ではなく、友人の名前を書いていたことも知った。倒れた当日、荷物を持ってきていたかどうかも分からないという。果たして、男性が亡くなったことが家族に伝わったのかも知らされていない。

社内で共有されない死亡事故

 死亡事故後、神山は、ワールドインテックの上司に、作業中に人が倒れたときは、「最初に連絡を受けたリーダーが119番に電話するようにしましょう」と掛け合った。末端のアルバイトは、作業現場に携帯電話を持ち込むことが禁止されているため、電話ができるのはリーダー以上となる。アマゾンの指示通りエスカレのルールを守っていたら、そこで10分、15分は時間を無駄にする。その時間が、生死を分けることがあることを身をもって知ったからだ。

「けれど、結果は何も変わりませんでした。私の上司がアマゾンに進言しなかったという可能性もあります。また、アマゾンが上司の助言を聞き入れなかったという可能性もあります。どちらにしろ、アマゾンの物流センターでは、人命よりアマゾンが決めたエスカレを守ることの方が重要だということです」と神山は言う。

 その後、男性が死亡したという情報が、ワールドインテック社内で共有されることはなかった。また、その事実を、朝礼などでアルバイトに伝えることはなかった。ワールドインテックの上司からは、「体調不良で倒れた人がいる」と、朝礼では伝えてくれと言われたという。理由は、アルバイトが同僚の死亡事故を不安に思わないようにという配慮からだと説明された。

 しかし、現場では、倒れたアルバイトにAEDを使った応急措置をしているのを目撃した多くのアルバイトがいる。救急隊員が到着したのを見たアルバイトもいる。

「そんな小手先の子供だましで、職場でアルバイトが亡くなったことを隠せるわけもないのに」

 と神山は言う。

 神山は、そんなアマゾンに言いなりのワールドインテックの体質に嫌気がさしたこともあり、2017年に退職。現在は、神山の地元である名古屋で別の業種の仕事に就いている。

人命より社内のルールを重視する姿勢

 神山は、私が週刊誌に書いた、2017年10月に50代の女性が小田原の物流センターで作業中に倒れてからアマゾン社員が救急車を呼んで到着するまでに1時間前後かかったという記事を読んで、「エスカレがうまくいかなければ、最悪、それぐらいの時間がかかるだろう」と思ったと言う。

「アマゾンの物流センターで何人亡くなろうとも、人命より社内のルールを重視する姿勢は変わらないんだな、とがっかりしました。しかも、人が亡くなったことはできるだけ伏せたい。そんなことでは、また、物流センターで人が亡くなることだって起こり得ます。なんとかアマゾンの現状を変えることはできないか、と思い、2016年に亡くなった男性のことをお話ししようと思いました」

 作業現場でアルバイトが倒れることが多いのは、夏場だという。室内の温度は28℃に設定されている中で、時間に追われてアルバイトはピッキング(商品探し)やストーなどの作業に忙殺されるため、最低でも週に1人、多いときには1日に1人倒れる、と神山は言う。

 しかし、そんな時でも、厳格なエスカレの結果、最後はアマゾンが判断して、救急車を呼ぶかどうかを判断するのだという。こうした態勢では、いつ次の不慮の事故が起こるとも限らない。

 一連の経緯についてアマゾン広報に質問を送ったが、締め切りまでに一切回答はなかった。

(横田 増生)