レアル・マドリードMF久保建英【写真:Yukihito Taguchi】

写真拡大

バイエルン戦後半から久保が出場 巧みなテクニック披露、ヴィニシウスの好機も演出

 今夏、FC東京からスペインの名門レアル・マドリードに移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間20日(日本時間21日)のインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)初戦バイエルン戦(1-3)で後半から出場し、レアルデビューを飾った。

 出場直後に華麗なスキルを披露するなど存在感を示し、スペインではツイッターのトレンドで「Kubo」が上位に入るなど反響が広がっている。

 久保はバイエルン戦でベンチスタートとなったなか、前半15分にバイエルンMFキングスレイ・コマンが左サイドを崩し、ゴール中央へパス。フリーになったMFコランタン・トリッソのシュートは一度GKティボー・クルトワが止めたものの、こぼれ球を再びトリッソに押し込まれ、バイエルンに先制点を献上した。

 劣勢のレアルは後半から11人を総入れ替えし、ジネディーヌ・ジダン監督は久保も投入。「背番号26」を背負った日本人アタッカーは白いユニフォームを着用し、“白い巨人”でのデビューを飾った。

 久保は後半のキックオフ直後、相手2人に囲まれるも巧みにボールを動かして局面を打開するテクニックを披露。後半17分には敵陣中央でボールを受けた久保がスルーパスを送り、ブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオールのチャンスを演出した。

 試合はその後、バイエルンのFWロベルト・レバンドフスキ、MFセルジュ・ニャブリにゴールを許し、後半39分にレアルの新加入MFロドリゴが強烈なFKで1点を返すも1-3で敗戦。だが、久保が与えたインパクトは大きかったようだ。

スペインでも反響、ツイッターのトレンドで「Kubo」の名前が一時3位に

 スペイン紙「マルカ」は「久保は素晴らしい動きを見せた。とりわけ黄金の左足が光った」と称え、「レアルの傑作の香りがする」と将来性に期待を込めている。またスペインでは、ツイッターのトレンドで「Kubo」の名前が上位に入った。

 レアルデビューを受けて「Kubo」の名前は広がり続けているようだ。試合1時間後のトレンドワードでは、鮮烈なFKを決めたロドリゴが1位に君臨し、久保が一時3位に入った。ツイッター上では日本人アタッカーを称える声も多く並び、レアル公式ツイッターのコメント欄でも賛辞が送られている。

 ICCで黒星発進となったレアルは、アーセナル(現地時間23日/ワシントンDC)、アトレチコ・マドリード(26日/イースト・ラザフォード)と対戦する。上々のデビューを飾った久保は再びピッチに立ち、アピールの機会を得られるだろうか。(Football ZONE web編集部)