「正当な業務」調査のため音楽教室に通っていたJASRAC職員が主張

ざっくり言うと

  • JASRAC職員が調査のため職業を隠し、ヤマハの音楽教室に通っていた問題
  • 著作権使用料を巡る裁判の口頭弁論が9日にあり、同職員が出廷した
  • 職員は証人尋問で「レッスンの実態を把握するためで正当な業務」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング