日本代表FW永井謙佑が負傷交代【写真:浦正弘】

写真拡大

エルサルバドル戦で“令和初ゴール”含む2得点の活躍も…脱臼の疑いでピッチを後に

 FC東京の日本代表FW永井謙佑は、9日の国際親善試合エルサルバドル戦で前半に代表初ゴールを含む2得点をマークする活躍を見せたが、右肩を痛めて後半14分に途中交代するアクシデントに見舞われた。

 約4年ぶりの招集となった永井はスタメン出場を果たすと、前半19分には鋭い切り返しから左足のシュートを決めて代表初ゴールをマーク。さらに同41分もMF原口元気のお膳立てから追加点を奪った。

 しかし、迎えた後半10分過ぎ、永井はタッチライン際で相手選手と競り合った際に右肩を負傷。すぐにメディカルスタッフの治療を受けたが、脱臼の疑いでそのままピッチを後にし、ロッカールームへ引き上げた。森保一監督はすぐに永井との交代でFW大迫勇也を投入した。

 日本代表の令和初ゴールを記録した永井だったが、思わぬ形でピッチを去ることになった。(Football ZONE web編集部)