阪急交通社のバスツアー「『5縁』(ごえん)を結ぶパワースポットめぐり」がツイッターでひそかに話題を呼んでいる。

行き先は、櫻井神社(大阪府堺市)、大野神社(滋賀県栗東市)、松本神社(京都府城陽市)、二宮神社(兵庫県神戸市)、櫻葉神社(奈良県宇陀市)―― そう、人気アイドルグループ「」にちなんだ神社をめぐるのだ。


大野神社(大野神社公式サイトより)

ツアーは、「梅田・なんば発」と「四条大宮・京都アバンティ発」の2種類で、いずれも朝7時ごろに集合し18〜20時ごろに解散する。

日帰りで関西5府県の神社を巡り、バスの走行距離は約335キロ(梅田・なんば発)、価格は8990円だ。なかなかのタイトスケジュールにも思えるが、ツイッターでは「一気に巡れるなんて、神対応だわ」「自力で回るよりは楽かな!」といった声が寄せられ、嵐ファンにとってはお得なツアーなのかもしれない。

Jタウンネットは2019年5月28日、阪急交通社に詳しい話を聞いてみた。

お参りするとコンサートに行ける?


大野神社(大野神社公式サイトより)

阪急交通社の広報担当者によれば、ツアーは2019年4月から始めた。元々は8月までの予定だったが、以降については未定。参加者は女性が大半で、なかでも40代・50代が多いのだという。

ところで嵐のメンバーは、櫻井翔、大野智、松本潤、二宮和也、相葉雅紀だが、ツアーに「相葉神社」はなく、代わりに「櫻葉神社」が入っている。調べてみると「相葉神社」は福井県あわら市にあることが確認できるが、このツアーに組み込むには少々遠い。

担当者によれば、櫻葉神社はファンの間で「嵐の聖地」と言われているほど有名とのこと。「櫻井」「相葉」2つの苗字が入っていることで聖地になったのだろうか、ネット上でもそのような情報が散見された。

ほかの4つの神社もファンの間では有名なスポットだ。写真を撮ってインスタグラムにアップするほか、「お参りするとコンサートのチケットが当たる」と言って来ているファンもいるとのことだった。

スケジュールについても聞いてみたが、阪急交通社が配慮を重ねていることもありハードすぎるといった声はないとのこと。担当者も「みなさん参加したくて来ているので...」と話しており、やはり嵐への愛が勝るようだ。

ちなみに大野神社ではツアー限定の御朱印が授与される。松本神社、櫻葉神社には御朱印はなく、二宮神社、櫻井神社の御朱印料は旅行代金に含まれていないとのことだ。5人のパワーが欲しい人はぜひ参加してみてほしい。