元ほっしゃん。の星田英利が、10月15日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV』(ABCテレビ)に出演した。

 2018年から吉本の俳優部に移籍したという星田は「僕のカテゴリーはいまは俳優」と発言。司会のナインティナイン岡村に「お芝居とか好きやったん?」と質問されると、「もともと好きだった。どちらかと言うとお笑いが苦手だった」と告白する。

「作家肌」と自認していた星田は、バラエティで活躍していた時期を「自分なりにはものすごい(無理して)いった感じがある」と説明。

 司会のなるみも「明るく振舞っていたと思う。天素(お笑いユニットの天然素材)とか観に行っても、ふとした瞬間にほっしゃん。は1人でいた」と振り返る。

 続いて天然素材のメンバーだった岡村は「なんでかわからないけど、迷ったときとか困ったときに『ちょっといい?』(って相談する)みたいな」と当時、星田がよき相談相手になっていたと明かした。

 そんな星田は、新人時代はまったく食えなかったらしい。岡村が彼の貧乏ぶりについて「天素になってからもお金がなくて。ゆで卵しか食べるものがなかった」と語ると、星田は「(1日で)8個」と付け加えた。

 こうした無理がたたって、あるとき事件が起きたと岡村は語る。

「後楽園ホールで天素の収録。扉を開けてダンスを踊らなきゃいけない。『バーン』と出ていって(星田が)そのまま倒れた」

 倒れた理由を「8個一気に食べてコレステロールが血管に溜まって、栄養失調と血流がよくなくて失神した」と明かした星田。お金に余裕がないとはいえ、ゆで卵のみの生活ではさすがに舞台には立てないだろう。