31日、国会議事堂前で安全保障関連法案に対する最大規模の抗議デモが起きたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。写真は国会議事堂。

写真拡大

2015年8月31日、国会議事堂前で安全保障関連法案に対する最大規模の抗議デモが起きたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

【その他の写真】

30日午後の抗議集会に集まった市民は主催者発表で約12万人。「戦争法案、今すぐ廃案」などのシュプレヒコールが飛び交う中、民主党の岡田克也代表や共産党の志位和夫委員長ら野党党首もこれに加わった。環球網は日本メディアの報道を引用し、安保法案に反対する市民の声は日々拡大していると紹介した。

この報道に対し、中国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「反対集会に集まった人々を支持する」
「日本の国民は善悪の判断ができるということだ」
「日本人のことがそれほど嫌いではなくなった!」

「このニュースを知って感じたことは日本の民主主義と透明性のすばらしさ。うらやましいと思った」
「国民の民主に対する思いはすばらしいと思う。中国だったら“仕方ない”とつぶやくことしかできない」
「中国人は“中国政府バンザイ” と叫ぶだけだ」
「われわれに日本を嘲笑する資格なんてないな」

「抗議集会に参加した日本人は装甲車で踏みつぶされることを恐ろしいと思わないのだろうか」
「中国だったら非合法的集会だ」
「日本政府は装甲車を持っていないのか?」

「日本国民の大多数は平和を愛している。安倍政権はもうすぐ終わりではないだろうか。家庭内でもいろいろあるみたいだし…」
「どの国だって一般市民は戦争など望んでいない。戦争は政権を握った政治家が起こす身勝手な行為だ」(翻訳・編集/野谷)