朝鮮人民軍(北朝鮮軍)の軍官(将校)といえば、社会的地位が高く、羨望の的だった。新兵も、後備幹部(軍官候補)に選ばれて軍官学校に入ることを夢見ていた。責任は大きいものの、特別配給の対象者となり、衣食住すべての面において、優遇され、安定した暮らしを送れたからだ。ところが、状況は5年ほど前から一変した。今では、後備幹部に選ばれそうになったら、あらゆる手を尽くして逃れようとするという。一体何が起きたのか