神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者ら45人が殺傷された事件で殺人罪などに問われた元職員の植松聖被告(30)の判決公判が16日午後、横浜地裁で始まり、青沼潔裁判長は主文の読み上げを後回しにした。検察側は死刑を求刑していることから、厳しい判決が予想される。(ANNニュース)