愛知県がんセンターの医師が検査忘れ、70代の男性患者が死亡共同通信

愛知県がんセンターの医師が検査忘れ、70代の男性患者が死亡

ざっくり言うと

  • 愛知県がんセンターは化学療法を受けた70代の男性患者が死亡したと発表した
  • 主治医が必要な検査を忘れたことにより、B型肝炎が再活性化したと説明
  • 同センターは遺族に謝罪し、今後、損害賠償の話し合いをすると述べている

ランキング