14日、ソウル近郊の法務省庁舎前で報道陣の取材に応じる韓国のチョ・グク法相(左)(聯合=共同)【ソウル共同】韓国の文在寅大統領の側近で、学校法人を巡る不正疑惑に絡み親族が検察の捜査を受けていたチョ・グク法相は14日、辞職した。「これ以上、私の家族のことで大統領と政府に負担を掛けてはいけないと判断した」と説明した。文氏が任命を強行した「検察改革の旗手」は1カ月余りで政権を去ることになり、政権の求心力に