(加谷 珪一:経済評論家)年金2000万円問題によって、公的年金への関心がかつてないほど高まっている。現時点においても、かなりの割合の高齢者が、年金だけでは生活できない水準の金額しか受け取っておらず、今後、給付金額が削減された場合、生活困窮者が続出する可能性がある。現役時代には何とかなっていても、老後になって生活が立ち行かなくなることを「老後破産」などと呼んでいるが、老後破産した人のすべてが、他の