「全国高校野球選手権・準決勝、星稜9−0中京学院大中京」(20日、甲子園球場)中京学院大中京(岐阜)の快進撃が止まった。星稜(石川)のエース・奥川の前に7回2安打。2番手の寺沢にも抑えられ、得意の後半の逆転もならず。岐阜県勢としては1956年の岐阜商以来となる決勝進出を狙ったが、0封負けした。橋本監督は「奥川君は想像以上に素晴らしかった。トータル的に鍛えないと戦えないと改めて実感しました」