ファーストサーバがまたも謝罪!復元時に他人の情報を漏えいか
レンタルサーバーサービスに障害を発生させ、一部のサービスにおいてウェブやメールなどのデータが消失したと発表したファーストサーバがまたも謝罪した。

同社は、 2012年6月20日に発生した大規模障害の復旧作業において、対象サーバー数103台、最大2,308者(※)分の復元データの一部が、同じく障害の影響を受けた145者のデータ領域に混在した可能性があることを確認したことをあきらかにした。
※ 契約者様の中には法人も非法人も含まれるため「者」という単位で統一

なお、1者あたりの混在先は最大で6者であることが判明しており、現在精査を進めている。

同社では、精査を進めるとともに、順次、データが混在した可能性があるユーザーに対して個別に連絡を行い、同社が提供した復元ファイルの削除を依頼していくとしている。

ファーストサーバは、
「このような事態を発生させたことにより、多大なご迷惑とご心配をおかけし深くお詫び申し上げます。この度の事態を厳粛に受けとめるとともに、現時点で確認された事実をここにお知らせいたします。」と、コメントしている。

障害の対象である「エントリービズ・シリーズ」「エンタープライズ3・シリーズ」は1台の物理サーバーにつき1契約、「ビズ・シリーズ」「ビズ2・シリーズ」「EC-CUBEクラウドサーバ」は 1 台の物理サーバーにつき最大60契約を収容している。

今回の障害で発生した事象は、同一の物理サーバー内でのみ発生する事を確認しており、物理サーバーを越えて別のサーバーの顧客に漏えいすることはないとしている。


同社では引き続き、ユーザーへの対応を最優先に取り組むとともに、事故原因の徹底究明および抜本的な再発防止策の策定を急ぎ進めていくとしている。

なお、本件事故原因の徹底究明と再発防止策については、第三者事故調査委員会の諮問の対象となる。

一部サービスにおける情報漏えいについて
ファーストサーバ

ITライフハック
ITライフハック Twitter

■Webサービスに関連した記事を読む
おはこんこん!ぬいぐるみも企画中だよ
お前らどんだけ起きてんだよ! 朝4時過ぎの朝焼け写真大量につき
不屈の精神力を持っているか!孫社長の格言的な言葉が話題
楽天が電子書籍サービスを開始? 「Kobo」のサイトを新たに開設

Transcend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10ETranscend SDHCカード 16GB Class10 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS16GSDHC10E
トランセンド・ジャパン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る