2人暮らしにちょうどいいサイズだ

写真拡大

あまり知られていないが、北海道は47都道府県中、東京都に次いで2番目に1世帯当たりの人数が少ない。1人暮らし、あるいは「2人暮らし」の家庭が多い地域なのだ。

そんな北海道民のための限定商品として日本コカ・コーラと北海道コカ・コーラボトリングは、新形態1.25Lペットボトル「スマートボトル」、略して「スマボ」を2012年4月9日、全国に先駆けて発売する。

くびれが入って持ちやすい

多すぎず、かといって少なすぎず、また持ち運ぶのもつらくない――1.25リットルというその容量は、2人暮らしが多い現代の道民のニーズに応えたまさに「ちょうどいい」サイズだといえる。

胴部には「くびれ」を作り、女性やシニア層でも持ちやすいように工夫した。これにより同時に従来の1Lボトルより約30%の軽量化にも成功しており、形状もコンパクトな角型とすることで、スムーズな収納が可能になった。

今後、少人数世帯はさらに増加することが予想されており、日本コカ・コーラでは将来的な全国発売も視野に入れている。

ボウルがもれなくついてくる

ラインアップは爽健美茶、綾鷹、からだ巡茶、アクエリアス ビタミンガード、アクエリアス、紅茶花伝 マイルドミルクティー、紅茶花伝 ロイヤルストレートティーの7種類で、希望小売価格は208円。

発売を記念して道内のスーパーマーケットでは、スマボを買うとオリジナルの「デザートボウル」が1本につき1つついてくるキャンペーンも実施する。商品がなくなり次第の終了となる。