写真は外観イメージ

写真拡大

三陸鉄道(岩手・宮古市)とネスレ日本は、コラボレーション商品を2012年3月30日から100個限定で販売している。

300円相当の三陸鉄道乗車券で復旧を支援

三陸地方の復興を支援する「キット、ずっとプロジェクト」の一環で、三陸鉄道の本格的な復旧の第1弾となる、12年4月1日の陸中野田-田野畑間の運行再開を記念して発売されるもの。

三陸鉄道久慈駅の橋上駅長監修のもと、観光向けお座敷列車「さんりく・しおかぜ号」を内部まで精密に再現したパッケージで、外観は4月1日から一部で運行を開始する車両「キット、ずっと号」をイメージしたサクラアートのデザインを施している。

商品内容は「キットカット ミニ」10枚のほかに、組立式の備品類やキャラクター人形、さらに三陸鉄道で利用できる300円相当の乗車券(切符)を同梱している。

三陸鉄道とネスレのオンラインショップのみで販売し、価格は999円。