「スカルプ・フォーマットシャンプー」と「スカルプ・リブートローション」

写真拡大

「2012年3月30日 メソケアプラスが日本のスカルプケアを変える」――こんなメッセージのみが記されたウェブサイトが「謎の広告」として一部で話題を呼んでいたが、その正体がついに明らかになった。

30日に同サイト上で販売開始されたのは、石けん素地を主成分とした頭皮にやさしいシャンプー「スカルプ・フォーマットシャンプー」と、液化ジェルを使った頭皮につけやすい頭皮用美容液「スカルプ・リブートローション」の2商品だ。発毛治療(AGA治療)の専門医である、銀座総合美容クリニックの正木健太郎医師が患者用の頭皮(スカルプ)ケアアイテムとして使用していたものを元に監修を行い、メソケアプラス社が開発・商品化し今回ウェブ上で一般発売することになったのだという。

価格はシャンプーが3465円、ローションが3675円。販売URLは、http://www.mesocare.jp/