U-17日本代表はスペイン代表に惜敗【写真:Getty Images】

写真拡大

後半29分にリードを再び許す

 U-17日本代表は11月20日、インドネシア開催のU-17ワールドカップ(W杯)で決勝トーナメント1回戦スペイン戦に臨み、1-2で敗戦。

 ベスト16で無念の敗退となった。

 日本はグループリーグをD組でポーランド、アルゼンチン、セネガルに対して2勝1敗の勝ち点6を獲得したものの得失点差で3位に。各組の2位以内と3位のうち上位4チームが決勝トーナメントに進むレギュレーションで16強入りし、B組を2勝1分で1位通過した強豪スペインとの対戦になった。

 グループリーグ最終戦から中2日の日本と中3日のスペインでの対戦になったが、森山佳郎監督は予選を兼ねたU-17アジアカップでMVPのFW名和田我空を大会初戦以来のスタメン起用。3試合連続ゴール中のFW高岡伶颯は切り札としてベンチに控えさせた。

 スペインがボールを持つ時間が長くなった立ち上がりの前半8分、FWフアン・エルナンデスの中央へのパスがFWマルク・ギウと合わずに抜けたところ、2列目から上がってきたMFキム・ジュニエントにペナルティーエリア内へ入り込まれてシュートを決められ、日本は0-1のビハインドを背負ってしまった。

 その後は日本がプレスを高くした反面、背後のスペースを使われそうになる危険な場面もあった。日本はMF佐藤龍之介が流動的にポジションを変えてボールに関わり出した前半の半ばからは敵陣に入る回数を増やしていった。すると前半40分、右サイドから佐藤が中央に入れたボールを受けた名和田が右足シュートを相手の外側から巻き込んで決め、1-1の同点に追いついて前半を終えた。

 後半の立ち上がりはスペインが後半から出場のFWイゴール・オヨノが入った日本の左サイド側から攻撃を仕掛ける回数が増えた。高い位置からのプレスを受けた日本はバックパスを受けたGK後藤亘のコントロールが長くなったところをペナルティーエリア内でボールを奪われる場面もあったが1-1でゲームを進めた。そうした中で森山監督は後半15分、FW井上愛簾に代えて高岡を投入。さらに後半23分には名和田に代えFW道脇豊、MF山本丈偉に代えてMF矢田龍之介への交代を行った。

 なかなかボールを安定して持てない日本は後半29分、サイドから中央へ一発のスルーパスを通されてしまうと、ギウにGK後藤との1対1を決められてしまい再び1点ビハインドを背負った。スペインのポゼッションで残り時間の猛攻という形を作らせてもらえなかった日本はこのまま1-2で敗戦。ここで大会から姿を消した。(FOOTBALL ZONE編集部)