Apple関連の確度の高いリーク情報を取り扱うアナリストのミンチー・クオ氏が、AppleのARおよびVR関連製品に関する新しい予測情報を投資家向けに発表しました。この予測では、Appleは2022年にARおよびVRの機能を備えたヘルメット型のヘッドセットをリリースし、2025年にはよりスリムなメガネ型のARデバイスをリリース。そして2030〜2040年頃にコンタクトレンズ型のARデバイスをリリースすると予測されています。

Kuo: Apple VR/AR headset in 2022 for $1000, AR glasses in 2025 - 9to5Mac

https://9to5mac.com/2021/03/07/apple-vr-ar-headset-in-2022/

Kuo: Apple to Launch Mixed Reality Headset in Mid 2022 and Augmented Reality Glasses by 2025 - MacRumors

https://www.macrumors.com/2021/03/07/kuo-apple-mixed-reality-headset-2022/

Kuo: Apple May Release Augmented Reality Contact Lenses in 2030s - MacRumors

https://www.macrumors.com/2021/03/07/kuo-apple-ar-contact-lenses-2030s/

Apple's $1000 AR headset expected in 2022, 'Apple Glass' in 2025, contact lenses in 2030 | AppleInsider

https://appleinsider.com/articles/21/03/07/apples-1000-ar-headset-expected-in-2022-apple-glass-in-2025-contact-lenses-in-2030

◆2022年に登場のAR・VRヘルメット

2022年に登場するとクオ氏が予測しているARとVRの両方に対応したヘッドセットは、すでにApple社内でプロトタイプが作成されており、現在の重量は200〜300g程度になっているとのこと。さらに、クオ氏は「Appleが重大な技術的問題を解決できれば、最終的な製品版の重量は100〜200g程度軽くなります」と記しています

Appleが開発中のAR・VRヘッドセットはヘルメット型で、ソニーのマイクロOLED(有機ELディスプレイ)を採用しており、MacやiPhoneと接続して使用する必要がない「単独で動作可能なAR・VRヘッドセット」になっているとのこと。なお、クオ氏は「AppleはARに重点を置いていますが、2022年に登場予定のAR・VRヘッドセットの仕様は既存のVR製品よりもはるかに優れた没入型体験を提供できます。Appleはこの端末の主要なセールスポイントの1つとして、Apple TV+やApple Arcadeといったムービー関連アプリと高度に統合している点を挙げています」とも述べています。

クオ氏はこのAR・VRヘッドセットの価格が1000ドル(約11万円)程度になると予測しました。

なお、別メディアのThe Informationは、Appleの開発するAR・VRヘッドセットには2つの超高解像度8Kディスプレイと、高度な視線トラッキング技術、手の動きを追跡するための12台以上のカメラが搭載されると報じています。

Apple製VRヘッドセットは30万円超で「8Kディスプレイ&12台以上のカメラ搭載」という噂 - GIGAZINE

◆2025年に登場のARメガネ

クオ氏はAppleが開発中のARメガネは「早くても」2025年の登場になると予測しています。AppleはまだARメガネのプロトタイプの生産を開始していないとクオ氏は指摘しました。Appleが開発中のARメガネの重要な機能は、AR要素を現実世界に重ねるように表示する「カスタム光学シースルーAR体験」であるとのこと。

その他の詳細は非常にあいまいですが、クオ氏はAppleのARメガネもコンピューティング能力とストレージを備えている、つまりは2022年に登場のAR・VRヘッドセットと同じく「単独で動作可能になる可能性がある」と指摘。なお、クオ氏によるとAppleはAR・VRヘッドセットとARメガネを並行して開発しているため、2つを同時に販売する可能性もある模様。

◆2030〜2040年に登場のARコンタクトレンズ

Appleの開発するAR体験のさらなる未来として、クオ氏は2030年以降に何らかの形でARコンタクトレンズをリリースすると予測。ただし、クオ氏はARコンタクトレンズについて「発売の見通しはまだありません」と語っています。なお、これはあくまでもコンタクトレンズのように目の中に入れるデバイスとなるため、独立したコンピューティング能力やストレージを有する可能性は低いです。