「不倫」について語り合う林真理子さんと柴門ふみさん

写真拡大

 同じ高校に息子を通わせる3人の母たちの恋と人生を描いたマンガ『恋する母たち』(女性セブンで連載)が完結した。昨秋にドラマ化もされた本作では、アラフォー女性の揺らぎや惑いをリアルに浮かび上がらせ、ふとした隙に入り込んでくる“恋”に多くの読者がは共感した。連載当初からの読者である林真理子さんと作者・柴門ふみさんが、大人の女性の恋、特に不倫について語り合う。

【写真】不倫について持論を語る柴門ふみさん

 最近では、フリーアナウンサーの小川彩佳さんの夫が、年下の一般女性と長く不倫関係にあったことがスクープされた。これまでの例に漏れず、夫も女性にも非難の声が集中し、夫は会社の社長職を辞す事態に。それでも、林さんと柴門さんには驚きはなかったという。

林:私は逆に、男性が不倫しているのが当たり前みたいな環境がまわりにあるから(笑い)。愛人がいるような男性は普通のサラリーマンではなかったり、企業でもかなり上の人たちだったりするんですけど。

柴門:そうやってお盛んに楽しい不倫ライフをしている人は都会のごく一部の人で、男女ともそのサークルの中で回しているんだと思うんです。

林:あの有名人の愛人だった人が次はあの人の……って、ありますね。

柴門:不倫好きというか、不倫で得られる快楽を味わってしまうと、別の不倫でしかその欲求を満たせなくなるというか。それがわかっているからやめられない。だから納得ずくで、同じメンバーがぐるぐる回っている気がしますね。いちばん危ないのは、そこに素人が入ること。

林:そのサークルの中に素人がうっかり入ってしまうと、火傷する。

柴門:素人は気持ちが振り回されて傷ついたり、復讐に走ったりするから、面倒なことになるんですよ。

林:なるほどねぇ。世に言う「港区女子」とか「プロ愛人」とか、そのサークルにふさわしい人たちというのがいる、ということですね。

柴門:例えば、『恋する母たち』(以下『恋母』)では、杏(登場人物の石渡杏。シングルマザー。ドラマ版では木村佳乃が演じた)の元ダンナの慎吾(不倫相手と失踪した)や斉木(ドラマ版では小泉孝太郎が演じた)の元妻の由香(慎吾の駆け落ちの相手)がプロ不倫グループなんです。でも斉木と杏はどちらも素人だったから、配偶者がプロだったために振り回されて、傷ついてしまった、と。

林:そうか、プロ不倫……。

柴門:まり(登場人物の蒲原まり。専業主婦。ドラマ版では仲里依紗が演じた)としては丸太郎(登場人物の今昔亭丸太郎。まりを口説く)もプロ不倫グループだと思って、まりの夫もプロ不倫っぽいから遠ざけておこうと避けるんですけど、プロ不倫に見せかけて丸太郎は本当にまりを好きだった。現実にはまぁいないでしょうが(苦笑)、漫画なのでファンタジーとしての希望を丸太郎に。

林:ドラマでも、阿部サダヲさん演じる丸太郎は魅力的でしたね。女ってうぬぼれが強いから、もしかしたら自分が最後の女になるかもしれないって、強く思ってしまうのかも。

柴門:丸太郎もそれまではずっと遊んでいたけれども、まり相手に最後には本気で恋をして。だけど、恋愛で失敗する女の特徴があるとすれば“自分だけ特別”と思い込んでしまうことだと思うんです。あの男はすごい遊び人だからやめておきなさいと、どんなに忠告されても私だけは違うのと突っ走ってしまう。不倫に限らず、それが間違いのもとに。

林:読者のみなさんは、優子さん(登場人物の林優子。部下と不倫をする。ドラマ版では吉田羊が演じた)の不倫にはどんな反応でしたか。

柴門:優子はみんな嫌いになるかなと思って主婦の友人にリサーチをかけたら、“ああなったら、しょうがないよね”って言うんです。あんなかわいい子が裸で立っていたら、それはやっちゃうでしょうって。

林:それはそうなっちゃうよね、って。スピンオフでは優子さんと赤坂君(登場人物の赤坂剛。優子の部下。ドラマ版では磯村勇斗が演じた)のその後が描かれて、“おれだってもう42だよ”という赤坂君の口説き文句が、印象に残りました。

柴門:赤坂は優子のひとまわり下なんです。でも40、50になれば、年の差なんてほとんどないと思う。

林:60と40の恋はナシ、かなぁ。

柴門:老けた40代の男と若く見える60代女性なら、アリよ。

林:それはアリかも。昔、藤田紀子さんが年下の医師を好きになったときに“52で人を好きになってはいけませんか”という記事の見出しがあったのを覚えているけれど、そのお嫁さんはいま56だったかな。

柴門:あぁ、(河野)景子さん。

林:再婚話が出ているけれど、本当にきれいで、“56で再婚?”なんてもう言われない。20年前は50代が恋をしてはいけませんかと問われたけれど、いまは50だって若々しくてきれいな人がいっぱいいるから。

柴門:私はその『女性セブン』の記事を参考に、「母が恋をしてはいけませんか」と『恋母』のコピーをつけたんです(笑い)。まぁ、いつの時代でも、何才でも、恋をする母というのはいるものなんですよ。

【プロフィール】
林真理子(はやし・まりこ)/1954年生まれ。コピーライターを経て、1982年に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーに。『不機嫌な果実』『アッコちゃんの時代』『西郷どん!』など著書多数。1986年『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞、1995年『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞などを受賞。2018年に紫綬褒章を受章し、『週刊文春』で連載中のエッセイは2020年に「同一雑誌におけるエッセイの最多掲載回数」としてギネス世界記録に認定された。

柴門ふみ(さいもん・ふみ)/1957年生まれ。漫画家。1979年『クモ男フンばる!』でデビュー。代表作に『東京ラブストーリー』『同・級・生』『あすなろ白書』(いずれも小学館)など「恋愛の神様」と呼ばれるほどいくつもの名作を生み出し、ドラマ化された作品も多数。『結婚の嘘』(中央公論新社)、『老いては夫を従え』(小学館)など、恋愛や結婚、女性の生き方を鋭い筆致で書くエッセイにもファンは多い。

取材・文/渡部美也 撮影/田中麻以

※女性セブン2021年3月11日号