新疆ウイグル自治区で3300年前の豪邸跡を発見 東天山地区で最大規模

ざっくり言うと

  • 新疆ウイグル自治区で、約3300年前の「湖畔の豪邸」跡が発見された
  • 東天山地区でこれまでに発掘された中で最も規模が大きいという
  • 大きさは東西約45m・南北約40mで、構造も整った単体建築遺構だそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x