菅総理の「下手すぎる英語」ツイッターを代理投稿した、意外な人物 日本の高校2年生くらいの英語力

写真拡大 (全2枚)

出だしがぎこちない

菅義偉総理大臣が10月3日にツイッターに投稿したトランプ大統領への「お見舞い英文」が、インターネット上で大きな話題になっている。

〈親愛なるトランプ大統領へ。貴大統領とメラニア夫人がコロナに感染したとのツイートを見て心配しましたが、お二人が速やかにコロナを克服し、日常を取り戻すことを祈っています〉

この内容を英文に直しただけのものだったのだが、「英文レベルが低すぎる」、「総理はきちんとした英語を使ったほうがいい」と散々な評判なのだ。

日英翻訳に精通する作家で東京工業大学名誉教授のロジャー・パルバース氏も「出だしからぎこちなく、日本の高校2年生くらいが書いた英文のように読める」と言う。

Image by iStock

「大統領と夫人をyou and Madam First Ladyと呼ぶのは違和感があるのでYou and Mrs. Trumpとしたほうがいい。

それから、『速やかな回復』をearly recoveryという言い方はあまりしません。

Speedy recoveryという表現を使います。全体的に機械翻訳のようで、心からの温もりが感じられません」

この「下手すぎる英語」を代理投稿したのは誰か。永田町では、いろいろな憶測が飛び交った。

「一時は『総理が自ら書いたのでは』という声もあった。というのも、英語が苦手な総理は以前から、『ヒマが出来たらセブ島あたりの語学学校で英語の勉強がしたい』などと意欲を語っていたからです。セブ島は無理でも、実はコツコツ勉強していて、『腕試し』をしたのではないかと。

ただ、真相は菅総理に長年仕える秘書の手によるものでした。

Image by iStock

通常、総理の投稿は外務省出身の秘書官がチェックする習わしですが、今回は入っておらず、自民党の外交部会でも問題になりました」(全国紙政治部記者)

在任中に、自分で英語投稿できる日が来ればいいのだが。

『週刊現代』2020年10月24・31日号より