「最小限と再攻略」

写真拡大 (全6枚)

できることなら、最小・最短・最速で。今よりちょっと上を望めるアイディアがあるといい。とはいえ、そんな少しの変化に要する新しさは、これまでのワードローブに沿った「ほどよさ」を求めたいところ。そこで考案した「シンプル好きに向けた、シンプルが変わるシンプルなプラン」。なかでも厳選された方法をプレゼンテーション。

GISELeえりすぐりのアイテム一覧

食い違ってむしろいい


理想を握る「○○なのに」


かわいいけれど甘すぎない、大胆だけれど品があるなど。「どっちつかず」は言いかえれば「どっちもいける」。イメージが1つに収まらないぶん、振り幅が大きく、着こなしパターンの探りがいがあるから、食い違っていい。そのほうが、むしろ理想的。

Browny Dot Shirt


「ドットなのにポップじゃない」


ツヤのある開襟タイプのドットシャツは、かわいくもあり、メンズライクでもあり。イメージがあいまいになることで、新鮮味と着こなしやすさの両方が手に入る。

シャツ 14,000円+税/サンフランシスコ(HOLLYWOOD RANCH MARKET) イージーパンツ 12,000円+税/N.O.R.C コクのあるブラウンでまとめて切れ味よく。ドット以外は、ハンサムかつシンプルに。適当なタックINも甘さを抑制するファクターに。

See-through Blouse


「透けているのに品がある」


透けてもセクシーとはちょっと違う。上品でヘルシーな肌見せは大人にとって最大のテーマ。答えは意外と簡単で、品のいいディテールとまろやかな色みにあり。

シアーブラウス 27,000円+税/ロエフ(フレームワーク ルミネ新宿店) 中に着たキャミソール 5,900円+税/SeaRoomlynn パンツ 20,000円+税/カレンソロジー(カレンソロジー 新宿) どう着ても上品なボウタイつきハイネックブラウスは、マットで透け感もナチュラル。モノトーンのストイックな配色もポイント。

Navy Overalls


「サロペットなのに幼くない」


ネイビーの知性を味方に。黒でも白でも、ニュアンスカラーでも出せない、いい意味でのコンサバ具合がカジュアルなオーバーオールには好都合。

オーバーオール 34,000円+税/Yarmo(グラストンベリー ショールーム) カットソー 2,490円(税込み)/Gap(Gap新宿フラッグス店) パンプス 32,000円+税/PIPPICHIC(ベイジュ) トップスも同色にまとめ、まるでそでありのオールインワンのように見せることで、幼さがより軽減されてシックなたたずまいに。

Half Sleeves Jacket


「ジャケットなのに遊びがある」


むしろ「ふつう」はもういらなくて、でもやっぱり飽きずに使いたいから、こんな半そで。ある日はトップス感覚で主役に。またある日はカーディガンのようにも立ち回れる多彩さで。

ジャケット 28,000円+税/エトレトウキョウ 中に着たキャミソール 6,500円+税/PUBLIC TOKYO(パブリックトウキョウ 渋谷店) スカート 25,000円+税/FLORENT ブーツ 37,000円+税/TSURU by Mariko Oikawa 遊びのあるジャケットを、あえてトラッドに着て。コーディネートも「どっちつかず」なバランスが正解。

Layered-like Shirt


「1枚なのに2枚にも見える」


レイヤードしているように見えて、実は1枚。気分やスタイルに合わせてアレンジが楽しめて、「シンプル」がもの足りない日にも打ってつけの即戦力。

シャツ 47,000円+税/beautiful people(ビューティフルピープル 渋谷パルコ2F) デニムパンツ 19,000円+税/エディット フォー ルル 前と後ろ身頃の間に、もう1枚身頃をつけた3枚仕立て。中間の身頃に体を通すと、すそドローストリング仕様のショート丈シャツの中に、もう1枚レイヤードしているように見える複雑さ。