マジョルカでプレーするMF久保建英【写真:Getty Images】

写真拡大

【識者コラム】マジョルカで起きた久保への人種差別行為、悪意がなくても差別は発生する

 小学生の頃、祖父と川崎球場へプロ野球を観に行った。

 大洋ホエールズと阪神タイガースの試合だったと記憶している。阪神にウィリー・カークランドというアメリカ人の選手がいて人気があった。いつも爪楊枝をくわえていた。

「くろんじん、ガンバレー」

 私がそう声援を送ると、阪神ファンの祖父は言った。

「それはアカン。応援するならカーク、カークや」

 小学生の私に差別意識はなく、カークランドを応援しているつもりだった。祖父がなぜ「くろんじん」を却下したのか理解できず、なんとなく気に入っていた造語にケチをつけられたような気がして、ちょっと不機嫌になったのを覚えている。祖父からは、黒人選手への差別になるからダメだという説明もなかった。ただ、言われると、やっぱり何かまずいのだろうということは分かった。調子に乗ってスベった自分が、恥ずかしかった。

 リーガ・エスパニョーラ第23節で、マジョルカの日本代表MF久保建英が人種差別されたのではないかというニュースが流れた。久保はエスパニョール戦の後半20分に交代出場しているが、その際にアップしている久保を呼ぶにあたって、フィジカルコーチが指で両目の端を引っ張って目を細める動作をしていたのだ。「交代出場は日本人だ」と、仲間に伝えるためのジェスチャーだった。

 目を細めるジェスチャーは、東洋人を差別する時によく使われる。ただ、これをやったのはマジョルカのフィジカルコーチなので、自分のチームの選手を差別するとは考えられない。リーガも「差別意識はなかった」として、特に罰則は与えなかった。

 しかし、これは人種差別そのものだ。そのつもりがあろうがなかろうが、行為自体がアウトである。むしろ差別意識がなく差別をしているという点で、問題はより根深いのかもしれない。

いい大人がやった行為だけに“無知”ではすまされない

 差別は世界中の至るところにある。悪意のある差別もあるが、特に悪意がなくても差別は発生する。小学生ぐらいの子供は、何か自分たちと違う容姿の人を見ると、面白おかしくからかったりするものだ。それは彼らに悪意があるのではなく、単に無知だからだ。

 マジョルカの「細目」の一件は、いい大人がやったことなので無知ではすまされない。くだんのフィジカルコーチには厳しい批判が向けられているという。少し気の毒ではあるが仕方ない。社会的な制裁を受けて然るべきである。

 かつて、フィールド上には差別的な言葉が反乱していた。現在も同じかもしれない。そのほとんどは、大した差別意識もなく発せられている。例えば、相手チームの黒人選手には差別的な言葉を吐いても、チームメートの黒人選手にそんなことはしない。単に下品なだけで、罵詈雑言の一つだと思っていることが多い。それだけ差別的な言葉というのは、世の中に広く深く浸透してしまっているということだ。

 放っておけば、人間は人間を差別すると言っていい。だから教育が必要で、うっかりやってしまった時は厳しくかつ徹底的に糾弾しなければならないわけだ。今回のスペインの一件がお咎めなしなら、リーガの意識もその程度ということになり、フィールド上からの人種差別の根絶など夢の夢ということなのだろう。(西部謙司 / Kenji Nishibe)