沢尻エリカと長谷川博己(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 沢尻エリカ(33)逮捕の芸能界への影響はメガトン級だ。「レノアハピネス」(P&G)、「ほろよい」(サントリー)、求人情報サイト「インディード」などのCMの違約金を含め、賠償金は5億円以上にふくれ上がるとみられる。

小栗の言葉届かず…沢尻エリカ「憑依型」だから薬物使用?

 とりわけ影響が大きいのは、来春1月5日スタート予定の大河ドラマ麒麟がくる」だ。沢尻は準主役で出演しており、10話前後まで撮影済み。NHKは代役を立てての撮り直しを検討しており、最悪の場合、放送開始日に間に合わず、延期に追い込まれる可能性もあるというのだ。

 前代未聞のこうした事態に、同ドラマで主人公の明智光秀を演じる長谷川博己(42)が激怒しているとの情報が出回っている。長谷川の所属事務所の担当者は言葉少なにこう答えた。

「作品に関わってきた人はみなさん同じ気持ちだと思いますが、非常に残念でがっかりしているのは事実です。現在は作品を届けたい一心でNHKさんとも協議を重ねている最中です」

■「怒るのは当然」

 出演者もスタッフも、内心、憤懣やるかたない思いであることは間違いなく、座長である長谷川の胸中は察するにあまりある。

 長谷川はクランクインに先立つ5月、滋賀県大津市坂本にある明智光秀の菩提寺・西教寺を訪れ、明智一族や光秀の妻・煕子の墓参り。6月に行われた会見では「チーム一丸となって頑張っていきたい。期待していただいて構いません。すごいものを見せられると自信を持って言える。見せます!」と決意をみなぎらせていた。放送中の大河「いだてん」の視聴率が苦戦する中、局の期待を一身に背負い、撮影に挑んでいた。芸能ジャーナリストの城下尊之氏はこう話す。

「怒るのは当然でしょう。大河ドラマといえば、主演クラスは2年前からキャスティングが始まります。役作りから何から、出演者の入れ込み具合も非常に高い。撮影が始まると、大河は民放のドラマに比べると拘束も非常に長い。その上NHKなのでギャラは安く、通常の半分以下です。しかし役者にとっては大河に出演することはステータスなので引き受けるんです。しかし今回のように撮り直しとなると、そうして苦労して作りあげたものがすべて水の泡となってしまう。その上、撮り直しのギャラは丸々1本分出ることはないでしょうから、まさに踏んだり蹴ったりです」

 ひとりの女優の身勝手な行動が与えた影響は、計り知れないほど大きい。