現役引退を発表した貴ノ富士(撮影・白鳥 佳樹)

写真拡大

 日本相撲協会は11日、付け人に暴力行為などを起こした十両・貴ノ富士(22=千賀ノ浦部屋)の現役引退を発表した。この日、貴ノ富士の代理人弁護士から引退届が郵送され、これを受けて師匠の千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)が提出した正式な引退届が受理された。

 昨年春場所に続く2度目の暴行に対し、9月26日の理事会で自主引退を促す決議がなされていた。貴ノ富士は同27日に現役続行を熱望する会見を開き、スポーツ庁には相撲協会のガバナンス向上への適切な措置を求めて上申書を提出していたが、一転して相撲協会の決議をのむ形となった。会見から15日目、またしても暴力問題で関取が土俵から去った。

 貴ノ富士は代理人弁護士を通じ「協会は効果的な再発防止策を検討しようとせず、引退勧告・懲戒解雇の方針を変えようとしませんでした。今回の対応を見て、協会の将来に失望しました。相撲を続けたいという気持ちに変わりはありませんが、協会とのやりとりに疲れ果てましたので、引退することを決意しました」と述べた。相撲協会は自主的に引退したものと捉え、懲戒解雇とは違い退職金などは支給する。

 貴ノ富士側は引退届とともに、相撲協会の再発防止策は不十分であるなどとする意見書も提出した。相撲協会は今月中に臨時理事会を開いて暴力問題が再発したことについて改めて審議。コンプライアンス委員会に再発防止策の強化を進めることになった。

 《貴ノ富士の暴行問題経緯》▼5月から7月ごろ 若手力士4人に対し、言いつけられた仕事を忘れたりした際に差別的発言を繰り返し、「ヒヨコ」「地鶏」などのあだ名で呼んだ。

 ▼8月31日 自分より先に風呂に入った付け人がきちんとあいさつしないことに立腹し、げんこつで1回殴打。

 ▼9月2日 若手力士3人が部屋から脱走。千賀ノ浦親方は貴ノ富士と貴源治を呼び出し、差別発言や殴打があったことなどを確認。

 ▼同26日 日本相撲協会は理事会で貴ノ富士に自主的な引退を促すことを決議。

 ▼同27日 貴ノ富士は文科省で代理人とともに会見。暴行などの事実を認めて反省していることを訴えた上で「処分はあまりに重く受け入れられない」と現役続行を熱望。

 ▼同30日 代理人弁護士同席で、10月3日に貴ノ富士の意思確認の面談を行うことが決定。貴ノ富士側は暴力問題の再発防止策についての相撲協会の考え方を回答するよう要請。

 ▼10月3日 代理人弁護士は面談をキャンセル。11日までに貴ノ富士の意向を文書で通達すると連絡。

 ▼同11日 貴ノ富士側が引退届を相撲協会に郵送。これを聞いた千賀ノ浦親方が正式な書式の引退届を提出。相撲協会に受理された。