アルゼンチンが生んだ奇跡の美少年としても話題のロレンソ・フェロが主演を務める『永遠に僕のもの』(公開中)を始め、今年の下半期は”ボーイズラブ”な要素満点の、話題の新作映画が立て続けに公開となる。昨年テレビドラマが放送され、その年のテレビ界の話題を席巻した『おっさんずラブ』の劇場版、さらには『君の名前で僕を呼んで』『ゴッズ・オウン・カントリー』に続く、美しき”BL映画”の登場も…。

【天使の顔を持つ殺人鬼に、世界は欲情した――17歳の少年が織りなす、興奮と陶酔の青春クライムムービー】
『永遠に僕のもの』(公開中)
2018年アルゼンチンでメガヒットを記録した、ペドロ・アルモドバルプロデュース作『永遠に僕のもの』(8月16日公開)。ブロンドの巻き毛に透き通る瞳、艶やかに濡れた瞳、磁器のように滑らかな白い肌―。神様が愛をこめて創ったとしか思えない美しすぎる17歳の少年、カルリートスが織りなす儚くも美しい青春を描き出した本作。カルリートスを演じるのは、アルゼンチンが生んだ奇跡の美少年、ロレンソ・フェロ。1971年にブエノスアイレスで殺人と強盗で逮捕され、その美しいビジュアルから時に「黒い天使」と呼ばれた実在の人物をモデルにした難役を、まるで”マリリン・モンローのような”人を発情させるほどの美貌を武器に体現している。SNSでも予告編やポスタービジュアルが公開されるや否や、ロレンソの美しすぎるビジュアルや本作の世界観に、「麗しさの極み」「可愛いしエロい」「美形の殺人鬼…性癖にぶっ刺さった」などの声もあがるほど、公開前から話題騒然!

そんなロレンソが扮するカルリートスは、新しい学校で一人の青年と出会う。自分とは真逆の荒々しい魅力を放つラモンに一目惚れし、ラモンもまた輝くようなブロンドの美しい姿で平然と罪を犯すそのギャップに射抜かれ、意気投合した二人は、やがて様々な犯罪に手を染めていく。だが、カルリートスは、どんなに悪事を重ねても満たされない想いに気づき始める―。劇中では、カルリートスとラモンがキス寸前の至近距離でじっと見つめ合ったり、ラモンがそっとカルリートスを抱き寄せるシーンもあり、恋人同士かのような”ただならぬ空気”を漂わせる場面も…。友情だけではない、それ以上の関係を予感させるふたりの行方には、目が離せそうもない!

【待望の劇場版は、おっさんたちの”愛の頂上決戦(ラブ・バトルロワイアル)”が開幕?!新キャラも登場!】
『劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』(8月23日公開)
2018年新語・流行語大賞トップ10にランクイン、Twitter世界トレンド第一位を獲得するなど、日本中で社会現象を巻き起こしたテレビドラマ『おっさんずラブ』。ドラマの”完結編”となる待望の劇場版では、おっさんの”ラブ・バトルロワイアル”が開幕!上海・香港転勤を経て帰国した主人公・春田創一(田中圭)が、久しぶりに天空不動産東京第二営業所に戻ってくるところからスタートする。黒澤武蔵をはじめ、お馴染みのメンバーが顔を揃え、最近配属された陽気な新入社員・山田ジャスティス(志尊淳)も加わり春田を歓迎するが、天空不動産本社のプロジェクトチーム「Genius7」が突如として出現。リーダーの狸穴迅(沢村一樹)は、本社で新たにアジアを巻き込む一大プロジェクトが発足し、東京第二営業所にもその一翼を担うよう通告するが、その隣には、本社に異動しチームの一員となった牧凌太(林遣都)の姿も…。次第に牧との距離も離れ、さらには黒澤も突然記憶喪失に―。新メンバーも加わり加熱する、笑って泣けるラブ・バトルロワイアルの結末を、ぜひスクリーンで目に焼き付けて欲しい。

【たった二日間の恋――人生で一度きりの、”忘れられない恋”に出会う週末を描く】
『WEEK END ウィークエンド』(9月27日公開)
ロンドン映画批評家協会賞での受賞ほか、世界中の映画祭で上映され、多くの賞を受賞した話題作。金曜の夜、一夜の相手を求めて立ち寄ったクラブで出会いを果たした、ライフガードとして働くラッセルと、アーティストを目指すグレン。互いにかけていたピースを満たすかのように二人きりで話をして、愛を交わす。尊いひとときは束の間、土曜の夕方、ラッセルはグレンからある事実を知らされる―。監督が 「正直で 親密でリアルなラブストーリーを語りたかった」 と述べる言葉の通り、ラッセルとグレンが、ともに週末を過ごすことでお互いのこだわりや、秘密や切実さなど、様々なことを学び、知っていく姿が映し出され、パーソナルかつ真に迫ったラブストーリーに仕上がっている。『君の名前で僕を呼んで』や『ゴッズ・オウン・カントリー』で涙したファンには必見となりそうだ!

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』