大人にもなると、3回くらいデートして「この子、いいな」と思ったら思いを伝えて交際する、というのが一般的な流れですよね。いろんな恋愛マニュアルのようなものにも、大体3回目のデートが告白のタイミング、と書かれていて、3回目のデートを過ぎても告白されないとなるとちょっと不安になると思います。
そこで今回は、3回目のデートで告白してくれないけれど連絡は続いている、もしくは次のデートが決まっているなど、関係が続いているケースについて、男性に「3回目のデートで告白しない理由」を聞いてみました。

そもそも3回目くらいで告白するというプランがない

そもそも相手の男性の頭の中に、「3回目のデートくらいで告白しよう」という思いがなければ、あなたのことをたとえ「この子、いいな」と思っていても告白はまだしないでしょう。
3回目というのも、いろんなところに書かれているとはいえ、そういうものが当然として頭の中になければ告白のタイミングはもっと後になる可能性が高いです。もしくは、「じっくり距離を縮めたい」という考えの男性であれば3回目のデートで決めるということはしないでしょう。
また、3回のデートが「ディナーだけ」とか「ランチだけ」というように時間が短いというときにも、なかなか告白に踏み切れない可能性もあるでしょう。

ほかにも恋人候補の女の子がいて迷っている

2人以上の女の子との恋愛を同時進行していて、なかなか恋人にする女の子を決めきれないというパターンもあります。こちらとしてはちょっと悲しいことですが、男性側も慎重になっている時期ですね。男性の心の中で迷いがあるうちは、告白なんて当然してきません。その結果、3回以上のデートになっても、だらだらと展開が進むのを引き延ばします。
次のデートの約束を取り付けるのも、もう1人の女の子との関係の進捗次第になるので、妙にデートを先延ばししたり、好意は感じるのになかなか決定打を撃ち込まなかったりという場合にはこのケースが考えられます。

まだ自分の気持ちを決めかねている

自分の気持ちを決めかねている場合も、男性は告白というアクションに踏み切ることができません。ほかの女性とも関係が続いているときもそうなのですが、「この子のことを自分は本当に好きなのだろうか」「この子と恋人になっていいのか」などと考えていると、なかなか次のアクションを起こせなくなります。
また、結婚願望の強い男性だと「この子との結婚を考えられるのか」「この子には結婚願望はあるのか」などと考えすぎて、いろいろと女性のことをわかってからじゃないと告白しないというケースもあります。

「向こうから告白してくれないかな」と思って待っている

オクテな男性の場合、女性側から告白してくるのを待っているというパターンもあります。自分から告白してフラれるのが怖いとか、単に告白する勇気がないなどの理由なので、もしもあなたが本当に好きならこちらから告白してもOKがもらえるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。3回目のデートでも告白しない男性の心理は実にさまざまです。こちらに勝機があるパターンと、下手に焦って告白すると男性側が逃げてしまうパターンがあるので慎重に見極める必要がありますね。