武蔵村山市にエボラ出血熱の病原体を輸入し保管 市長は安全対策を求める

ざっくり言うと

  • エボラ出血熱の病原体を輸入し、東京・武蔵村山市にある施設に保管する計画
  • 同市の市長は1日、計画に一定の理解を示し、国に安全対策などを求めた
  • 訪日外国人の増加で患者が出た際に、迅速な検査ができるよう輸入するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング